お弁当の疑問を一蹴!作り置き・保存・賞味期限までまるっと解説!

家族のため、毎日お弁当作りに奮闘するお母さん。
でもその作り方間違っていませんか?

お弁当に詰めるご飯は作りたて?
おかずは作り置きのものでも大丈夫?

特に大人と違って小さな子供が口にするお弁当だと
注意すべき点は意外と多いんです。

こちらでは家族の健康管理にも役立つ
お弁当に関する疑問や豆知識をまるっと解説しています。

安心して食べられるお弁当にはどういった工夫が必要なのか
改めて確認してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  

お弁当は作る時間がポイント!作りたて・作り置きの注意点とは

お弁当は昨夜の残り物を詰めればよし!なんて思っていませんか?作り置きのおかずを使うこと自体に問題はなくても気をつけなければいけないことって実は結構多いんです。忙しい朝の手間を省く為に夜のうちにお弁当作りをする人もいますが、この場合も知っておくべき注意点があります。
その他傷みやすい食材や扱い方についても覚えておいて損はありません。安心して食べられるお弁当を家族に持たせられるように、気になる点は残さずチェックしておきましょう。

1.お弁当のおかずは温めないと危ない?再加熱の意味と注意点とは
2.お弁当 熱いまま蓋をするのはNG?冷蔵庫の前にどのくらい冷ます?
3.お弁当を冷ますのに冷蔵庫直行はNG?安全に冷ます方法とは?
4.お弁当は朝作るか夜作るか?冷蔵庫保存でも衛生面に問題あり?
5.お弁当用に夜作る卵焼きは危険?傷まないようにする秘策とは
6.お弁当にマヨネーズ 加熱すれば大丈夫?そのままかけると腐る?

子供が口にする運動会や幼稚園用のお弁当は十分な注意を

1.運動会のお弁当作りは何時に起きる?何時間かかるかの見極めポイント
2.運動会のお弁当 夜作るのは大丈夫?前日と当日準備のポイントまとめ
3.運動会が雨かも…お弁当は次の日に食べる?延期なら冷凍しておく?
4.幼稚園のお弁当 朝時間がなくても作るべき?前日の残り物はNG?
5.幼稚園のお弁当 保管場所が心配…保冷剤の入れ方は?いつから使う?

スポンサーリンク

お弁当の保存時間・賞味期限をチェック!保冷剤は上手に活用

梅雨の時期になると気になるのが食中毒ですね。気温が上がる夏は特にお弁当に使う食材や食べる時間までの保存状態にも十分な注意が必要になります。お弁当を食べる場所によっても保存環境が異なるので場合によっては保冷剤が必須になることも。
うっかり傷んだお弁当を口にして体調を崩したりすることのないように、食中毒対策をしっかり心がけて、普段から意識を高く持っておくことが大切です。

1.朝作ったお弁当夜食べるのは夏でも問題なし?冷蔵庫保存ならOK?
2.保冷剤はお弁当箱の上か下か?濡れる時の水滴対策はどうする?
3.職場に冷蔵庫も電子レンジもない…お弁当の食中毒対策はどうする?
4.お弁当は何時間もつ?保冷剤なしで常温放置するのは危険?
5.お弁当の卵焼きが変色?黒い斑点も?これってカビなの!?

お弁当のご飯・おにぎりならではの疑問はコチラ

お弁当のご飯はおにぎり派だったりそのまま派だったり好みによってそれぞれですが、どちらにも安全に美味しく食べるためのコツがあります。
お弁当の保存状態によって傷んでしまうことも多いご飯。気付かずに食べてしまう…なんてことになったら大変ですよね。もしそうなってしまった時の対処法もこちらで一緒に確認できます。おかずもご飯も安心して食べられるよう、きちんとした知識を身につけておきましょう。

1.お弁当のご飯は毎日朝炊く?炊きたてじゃないとダメ?
2.お弁当のご飯がネバネバ糸引く?腐ったご飯を食べた時の対処法とは
3.お弁当のおにぎり べちゃべちゃパサパサにならない握り方とは?
4.おにぎりは12時間後でも大丈夫?朝作って夜食べるのはアリ?
5.おにぎりは冷めてから握る?握ってから冷ます?上手な冷まし方とは
6.お弁当のご飯は凍ったままでも大丈夫?おかずの自然解凍は危険?

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。