厄除け・八方除け一覧

厄年の結婚や入籍は大丈夫?出産は厄落としになるってただの迷信?

晩婚化が進む現代、結婚や出産の時期が厄年と重なってしまうことはそう珍しくありません。厄年の結婚は避けた方がいい?延期するべき?でも出産を控えているしどうしたらいい?そんな女性ならではのお悩みについて神社の神主さんにお話を聞いて参りました!

厄年・八方塞がりとはなんぞや?気になる疑問をまるっと解説!

男女それぞれに定められた年が異なる厄年と人生の中で9年ごとに巡ってくる八方塞がりの年。人生の節目を心穏やかに過ごすために ご祈祷を希望する人は今でも多くいらっしゃいます。こちらはそんな厄年と八方塞がりの疑問を解決するお悩みまとめページになります。お祓いに行く前と行った後の『?』についてご説明しましょう。

厄年の厄払いは六曜を気にするべき?祈願を受ける時間帯や服装は?

人生の節目として誰もが迎える『厄年』。いざ厄払いを受けるにあたって大安なり仏滅なり六曜を気にしてお参りする人もいます。 これ、実際のところはどうなの?そんな気になる厄払いと六曜についての関係、そして祈願を受けるのにいい時間帯や服装について 神社の神主さんにお尋ねしてきました。

喪中時は神社で厄払いできない?初詣は?1年間お参りしちゃダメ?

人生の中で誰もが喪中という期間を迎えますがそんな時期だからこその疑問。 喪中の時にお祓いって受けられるの?厄払いは? 約束してたんだけど初詣って行っちゃだめなの? 神社にお参りっていつからならOKなの? 神社と喪中に関する考え方についてまとめました。

八方除けはいつ受けるもの?節分までに?喪中の時はどうする?

人生の中で9年に1度めぐってくるとされている八方塞がり。 「お祓いしてもらいたいけれどいつ行ったらいいんだろう?」 「よく節分までに行くものって聞くけどそれって本当なの?」 「もし、喪中と重なってしまったらどうするべき?」 八方除けのお祓いを受ける時期についてわかりやすくまとめました。

八方除けと厄除けの違いとは?同時にできる?初穂料はどうなる?

節分の時期には厄払いを受ける為に神社にお参りする人が増えますが 「私、厄年と八方塞がり重なってるんだけど…」 こんな人いらっしゃると思います。 そもそも八方塞がりとはなんでしょうか。厄年とどう違うのでしょうか。 このふたつの違いとお祓いを受ける場合の基礎知識についてわかりやすくまとめました。