家の中でも日焼け止めは必要?すっぴんはNG?正しい日焼け対策とは

「家の中でも日焼け止めって必要なの?」

「休みの日くらいすっぴんでいたい…」

外でもないのにわざわざ日焼け止めなんて塗りたくない…
そんな思いでいる人は案外多いのではないでしょうか。

日焼けの元になる紫外線は目には見えません。
だからこそどうしていいかわからないんですよね。

家の中でも日焼け止めを塗る?
それともすっぴんのままでいる?

日焼けしたくない人には必見の内容をまとめました。
気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  

家の中でも日焼け止めは必要なの?

シワ、たるみ、しみといったお肌の大敵になる原因のほとんどは紫外線による『光老化』という現象です。

そういった肌トラブルを回避するのには、やっぱり予防が第一。
となると、日焼け止めを思いつく人が多数だと思うのですが…。

「家の中でも日焼け止めって塗らないといけないの?」

そう思う人もきっと同じように多いことでしょう。

結論から言って、日焼けをしたくないなら『家の中でも日焼け止めを塗る』べきです。

外と違って日光を直接浴びているわけじゃないんだから…と思う人もいるかもいれませんが、気がついていないだけで家の中にも紫外線は届いているんです。


↑風向口が日焼けしている


↑中央の丸い部分と周りの淵が日焼けしている

これは我が家のものですが、部分的に色が変わっているのがわかりますか?

元々はもっと白かったんです。
でも長年使用しているうちに室内でも紫外線を浴びて変色してしまった…ということなんですね。

つまり、

家の中にいても紫外線を浴びている

気付かないうちに日焼けをしてしまっている

ということになるのです。

家の中ならすっぴんでいたいのに日焼け止めは必須?

曇りの日でも雨の日でも紫外線は部屋の中まで届いています。
天気のいい日だけ気を付けておけばいいということではないんですね。

紫外線にはUV-AとUV-Bとあります。
このUV-Aに関しては窓ガラスやベランダの戸を閉めていても、ガラスを通過して部屋の中まで入ってくる怖いもの。

さらには部屋の中で壁や天井にあたって反射しているので、陽の光が届いていない室内でも紫外線は入り込んで来ています。

ですので、「家の中だから…」と紫外線対策に無関心でいるのはあまりいいものとは言えません。焼けたくないと思っている人ならなおさらです。

日焼け止めを購入する時、『SPF』『PA』と書かれてあるのをよく目にすると思いますが、このUV-Aを防いでくれるのが『PA』です。

『++』とか『+++』といった表記がされてあるものですね。

割と多くの人がSPFの数値にしか目がいっていないように思いますが、どちらかといえばこちらのPAの方を重視するべきだと私は思っています。

というのも、UV-Aは窓ガラスを通過しますがUV-Bは窓ガラスでほとんどがカットされます。
ただしUV-Bによる肌が受ける影響はUV-Aよりも強いので決して油断ができませんが…。

「ちょっと、洗濯物の取り込みを…」

「あ、宅配便がきたわ」

なんて、ほんのちょっと家の外に出てしまう時ってありますよね。
その時に浴びる紫外線が、いわゆる『ちりつも』となってしまうのも日焼けの原因のひとつです。

なので私は朝洗顔の後、これをささっと塗っています。

家の中にいる時はこれくらいのSPFとPAで十分です。

「しまった、冷蔵庫に何も入ってなかった!」

と、ちょっと食料の買い出しに…なんて突然外出しなければいけなくなった時には、この上からSPF・PA表記のあるおしろいをはたく程度ですね。

外出とはいえ、ずっと日の下にいるわけではないのでこういった日焼け止め効果のあるおしろいパウダーをひとつ用意しておくと便利。
ファンデーションほどきっちり顔を作っていく必要はないけど、誰に会うかわからないからすっぴんはちょっとまずいだろうみたいな時の為にオススメです(笑)

ちょっと話が脱線してしまいましたが^;

それでも面倒に思う人の場合、シューッと顔にふきかけるだけでOKなスプレータイプの日焼け止めもいいと思います。
家の中だけならこれだけでも十分かと。

家の中なので、外出時と使うものと同じような日焼け止めを選ぶ必要はありません。
逆にSPFやPAの数値の高いものを毎日使っているとお肌に負担がかかってしまいます。

毎日のことですので、数値は低めの日焼け止めで十分。
ただ、

「窓やベランダの近くにさえ行かなければいい」

なんて考えは捨てて、日焼けをしたくない人は毎日しっかりとしたUV対策を心がけることが大切です。
できるだけ長袖の羽織ものを着用しておく、といったことでも構いません。できることから始めていきましょう。

スポンサーリンク

家の中での日焼け対策とは?

紫外線は目に見えるものではありません。
だからこそ日常的な日焼け止め対策が重要になってきます。

子供の頃から浴びてきた量にも関係するので、紫外線の『ちりつも』はやはり十分に気を付けなければいけません。

赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭なら、自分のことだけではなく子供のことも考えて紫外線対策をするべきでしょう。

日焼け止めに関していくつかご紹介をしてきましたが、UVカットのレースカーテン遮光カーテンを付けるのもいいですし、UVカットのフィルムをガラスに貼るのも有効な手段ですね。

ちなみに我が家のリビングはUVカットのレースカーテンや遮光カーテン両方完備です。


↑昼間に撮った写真です

実際に取り付けてみて、遮光カーテンはホントに光が入ってこないだなと実感しました。
真昼でも部屋の明かりをつけていないと真っ暗です。びっくり。

フィルムも考えましたが、うまく貼れなかった時のことを考えて除外(笑)

でも最近では100円ショップでも取り扱いがあるようなので、見つけたらチャレンジしてみようかな~なんて考えてます^^

予算のこともありますし、季節のセールを狙ってこういったUVカットアイテムをじわじわ買いそろえていこうかと目論み中です。

色々とご説明してきましたが、毎日の日焼け対策といえばやっぱり日焼け止めをうまく活用するのが一番手軽にできる方法だと言えそうですね。

光老化を防いで、いつまでもハリのある肌を保つために。
家の中でもしっかりと日焼け止め対策を心がけましょう。

まとめ

  • 紫外線は天気を問わず家の中にも入り込んできている
  • 家で使う日焼け止めのPAは『+』もしくは『++』あれば十分事足りる
  • 室内での日焼け止めの使用を面倒に思う人はUVカットのカーテンやフィルムを利用するという手もある

↓こちらもオススメ↓

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。