お歳暮は家族間でも必要?親から子にも?子から親へは当たり前?

年末になるとお歳暮の用意であれこれと忙しくなる時期。
そんな中で

「お歳暮って家族や親戚の間でもするものなの?」

そんな疑問に首をかしげている人も少なくないと思います。

親から子にも送るの?その逆は?

家族といえどマナーは大事。
こちらでしっかり確認して年の瀬の準備に備えましょう。

スポンサードリンク
  

お歳暮は家族間でも必要?

「お歳暮って家族の間でもやり取りするものなの?」

こんな疑問を感じたことはありませんか?

年の暮れになるとお歳暮の準備をした方がいいのかしないでいいものかと色々と悩むことも多いと思います。
それが家族や親戚の場合だとどうでしょうか。特に結婚後の両家の親同士は相手方に失礼があってはいけないと気になりますよね。

結論としては、各家庭地域ごとの考えによって答えは異なるということ。

『やり取りをするのが当然』という考えもあれば『わざわざ親戚同士でやり取りをする必要はない』という考えもある為、

「こうするのが正しい」

と一概には言えないのが実情です。
そのため、お互いの考え方に違いがあった場合、

「せっかく送ったのに向こうは何もなし?」

「何も用意してないのに送られてきちゃった…どうしたらいいの?」

なんて、ちょっとした思い違いやトラブルが起こってしまうことも結構珍しいことではありません。

お互いの家の考えがぴったりマッチすれば何も問題はないのですが、親戚とはいえ家ごとにいろんな考え方があります。ですので自分の家の考えを無理に押し通すのではなく、相手方の考えも受け入れて尊重するのがポイントになってくるということですね。

また、親から子へお歳暮は送るものなのか?
逆に子から親へのお歳暮は一般的に当たり前の考えなのか?

この辺りも気になるところです。これらの疑問について、続けて解説していきましょう。

スポンサードリンク

お歳暮は親から子にするもの?

お歳暮は『1年間お世話になった人へ挨拶代わりに贈るもの』という認識が一般的であるため、親から子供へお歳暮を送る人は少ないようです。どちらかといえば子から親へのお歳暮に対してお返しで用意するといったパターンが多いですね。

ですが、決してそれが間違いというわけではありません。結局のところお歳暮は『気持ち』のやり取りでもあるので、親から先に贈るのもコミュニケーションのひとつと捉えておかしくないでしょう。

子供夫婦と遠距離の場合、年に何回も帰省することは容易ではないので、何かとつながりを大事にしたいと思う人もいるはずです。
前述の通り、考え方受け止め方はそれぞれですし、親から送ってもらったお歳暮に対して何かと深読みせずに素直に「ありがとう」と伝えられる関係であれたらとても素敵ですね。

お歳暮は子から親へ送るのは当たり前?

お歳暮のやり取りは『家』と『家』でするもの。
そういった背景もあってか、結婚すると『実家や義実家へお歳暮を送るもの』という考えを意識するようになる人が多いようです。

ただ、お歳暮の用意をする場合は、事前に確認しておくことがあります。

子供からお歳暮をもらう親の立場から見て、『単純に嬉しいと感じる人』がいる一方で『家を出てしまったことを実感して寂しく思う人』がいるということ。このことを頭に入れておくべきです。

ただでさえ慣れない習慣で、それでも気を利かせて用意したのに喜んでもらえないのは送った側としても寂しいものがありますよね。そんな失敗を避ける意味でも、実家・義実家に対して夫婦がお互いの家について事前にリサーチしておくことが大切です。

  • 実家にだけ送る
  • 義実家にだけ送る
  • 実家・義実家両方に送る
  • どちらの家にも送らない

どのケースが一番しっくりくるかを夫婦で相談してお歳暮の用意を検討するのが望ましいでしょう。

一般的な概念で子から親へのお歳暮は当たり前と捉えるよりも、親子間・家族間の付き合い方という視点からどういった形がお互いの家にとってベストなのかを考えることからはじめてみるといいかもしれませんね。

↓こちらの記事もおすすめ↓

まとめ

  • 家族間でのお歳暮のやり取りは各家庭ごとの考えによる
  • 親から子へ送るケースは少数派でありコミュニケーションのひとつとして利用されることも
  • 子から親へのお歳暮は親が喜んでくれるかをまず確認してから準備するのがベター
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。