前厄 本厄 後厄の意味とは?違いとお祓いについて神主さんが解説!

「前厄と本厄と後厄、どれが一番悪い年なの?」

今年いずれかの厄年を迎える人は
そこが一番気になるところではないでしょうか。

それぞれどんな違いがあるの?
お祓いってやっぱり受けておいた方がいいの?

そんな疑問について神主さんからのコメントをいただいてきました!

厄年について気になる人も大して気にしない人もぜひご一読を。

スポンサーリンク
  

前厄 本厄 後厄の意味って?

お正月になると神社でよく目にする厄年早見表。
『厄』という字に敏感になって、ついつい

「私、厄年じゃないよね…?」

なんて恐る恐る見ちゃう人も少なくないと思います。
でも、もし厄年に当てはまっていたら…?

「今年悪いことが起きちゃうの!?」

なんて不安な気持ちになってしまうものです。


(画像は今年のものではないですよ 笑)

厄年って何?
どうして前厄・本厄・後厄と3年に分かれているの?

何の意味があるのかハッキリさせておきたいですよね。
これらの厄年の疑問について、神職をしている友人に詳しく話を聞いてきました!

厄年とは簡単に説明すると、

「日本古来からある考えで、男女それぞれに定められた年に災厄が起こりやすい年である」

とのこと。

昔から厄年は環境や体調に変化が起きやすい時期とされていた為に、平穏な1年を過ごせるようにとなるべく新しいことは控えるべき年とされてきました。

男性の本厄は、25歳、42歳、61歳。
女性の本厄は、19歳、33歳、37歳、61歳。
※どちらも数え年です。

その前後を囲む年が前厄、後厄と言われている年になります。
では前厄・本厄・後厄の違いについてひとつずつ解説していくとしましょう。

前厄 本厄 後厄の違いと心がけを解説!

「本厄だけ気を付けておけばいいんでしょ?」

そんな考えを持った人もいると思います。
でも、それだと前厄と後厄の意味は何もないですよね。

確かに本厄の年には何事も起こらないようにと普段の生活や行動を見直したり、何かと災難に対しての備えの意識を高く持つようになります。
だからこそ、その前後にあたる前厄や後厄は

「まだ本厄じゃないから大丈夫」

と注意散漫になりがちです。

前厄は本厄に向けて災いが降りかかりやすくなる時期
後厄は本厄を抜けて降りかかる災いがだんだん弱くなっていく時期

厄の始まり、そして厄明けの年まで気を抜かずに過ごすという普段からの心がけが大切になります。

3年間の中でどれが一番悪いということではなく、前厄・本厄・後厄どの年も何事もなく過ぎるように派手な行動は控えて慎ましく過ごす、という意識を持つようにしましょう。

スポンサーリンク

前厄 本厄 後厄のお祓いはそれぞれ受けるべき?

厄年が何事もなく無事に過ごせるようにと、人々は昔から厄払いとしてお祓いを受けて平穏な1年を祈ってきました。

現代でも厄年のお祓いを受ける人はたくさんいます。
ただ、厄年には前厄・本厄・後厄と3年あります。

「お祓いを受けるなら3年間毎年受けた方がいいの?」

この疑問を神主さんにぶつけてみたところ、

  • 前厄だけお祓いを受ける
  • 本厄だけお祓いを受ける
  • 後厄だけお祓いを受ける
  • 前厄本厄だけお祓いを受ける
  • 前厄後厄だけお祓いを受ける
  • 本厄後厄だけお祓いを受ける
  • 3年間すべての厄年にお祓いを受ける

どの形を選んでも間違いではないそうです。

「この形が正解!」

と決まっていた方がわかりやすいのに…と思うのは私だけではないはず^^;

ご祈祷を受けるのは強制ではありませんし、ただお祓いを受けることで安心して厄年を過ごすことができるなら自分が希望する年にお祓いを受けに来るといいですよ、との神主さんからのコメントをいただきました。

もちろんお祓い以外にもお札やお守りをいただくことで厄年の間、神様からのご加護を受けるという方法もありますし、個人それぞれの考え方を優先して問題ないとのことです。

ただ、どの形を取っても厄明けしたら神様へのお礼参りを忘れないでほしいと神主さんは仰っていましたので、その点はきちんと覚えておくようにしたいですね。

以上、厄年を控えている人達のお役立ち情報になりましたら幸いです。

▼厄年のお礼参りについてはこちらで詳しく確認できます▼

まとめ

  • 前厄も後厄もどちらも変わらず慎ましい生活を心がけること
  • 本厄の年は派手な行動や新しいことへの挑戦を控えた方が無難
  • 無事に厄明けしたら神様への感謝の気持ちを伝えにお参りに行くべし

↓こちらもオススメ↓

【厄年・八方塞がりのお悩みまとめページ】
厄年・八方塞がりとはなんぞや?気になる疑問をまるっと解説!check!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。