雛人形を玄関に置くのは風水的にOK?飾る場所にベストなのはどこ?

女の子の節句と言えばひな祭り。

最近では七段飾りより親王飾りの方が
収納やサイズの面でも何かと好まれているようですが。

さて、この雛人形。
あなたのご家庭はどの場所に飾っていますか?

せっかく用意した雛人形なのだから
飾るならベストな場所を選ぶべき。

「じゃあどこに飾るのが一番いいの?」

「風水的なことはさっぱりわからないし…」

そんな人はぜひこちらをご一読ください。
雛人形の飾り場所やその他のポイントがばっちり確認できますよ。

スポンサーリンク
  

雛人形を玄関に飾るのは風水的にOK?

お住まいの家によって設計はそれぞれ異なりますが、家の玄関に靴箱が設置されている家が大半だと思います。

「靴箱の台のスペースがちょうどいいかも!」

と玄関に飾っているご家庭が多いかもしれませんが…。

これ、実はNGなんです。

お客様が来た時にすぐ目につくので

「あら、素敵ね~」

と言われそうなものですが、風水的には玄関から入ってくる良い気を吸い取ると言われています。

雛人形は元々子供の災厄を引き受けてくれる身代わりのようなもの。
ですが、良い気までもっていかれてしまうと本末転倒というものです。

実は、我が家もこのことを知らず玄関に雛人形を飾っていました。

本来は七段飾りの雛人形だったのですが、私自身が大人になったということもあり、

「せめて親王飾りだけでも…」

と母がお雛様とお内裏様を飾ってくれていました。
婚期を逃さないようにとの願掛けもあったのかもしれませんが^^;

その場所が玄関の靴箱の上のスペースだったんですね。

これが良くなかったのか、私は今でも独身の道を貫いています(笑)

普段から風水を気にしていない人にとっては特別気にかけることもないかもしれませんが、可愛い我が子の運気に関わるのであれば飾るのに適した場所に置くのが親心というもの。

では雛人形を飾るのにベストポジションな場所は家の中のどこなのか。
わかりやすく解説していくとしましょう。

雛人形を飾る場所として風水的にベストなのは?

まず、注意するべき大まかなポイントをあげると

①玄関は避ける
②湿気の多い場所は避ける(換気重要)
③直射日光が当たる場所を避ける
④鏡に映る場所は避ける
⑤普段から暗い場所は避ける

この5点になります。

湿気や直射日光の当たらない場所でなければいけないのは、雛人形自体が傷みやすくなってしまうから。

湿気で人形のお肌がカビたりシミになってしまうこともありますし、紫外線を長く浴びるとせっかくのキレイな衣装が色あせてしまう原因になります。

また、鏡の置き場所によって人形が写ったり、暗い場所に人形を飾るのも風水的に良くないとされているんですね。

ですので家の間取りによっても制限がある家もあるでしょうが、
できるだけ、

●風通しの良い換気の良い場所

●直射日光の当たらない明るい場所

この2大ポイントだけは守るように心がけることがベストな飾り場所だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

雛人形の飾り場所に適しているのはリビング?

雛人形を飾る場所として、昔は床の間に飾る家庭が多かったものです。

和室で人形の飾り場所としてもしっくりきますし、何より直射日光も当たらないので人形も傷みにくいちょうどいい場所でした。

しかし昔はどこの家でも床の間があるのが普通でしたが、近年ではあまり見られないのが実情です。

では、現代はどこに飾るのが一番いいのか。

結論としてはリビングに飾るのが一番適していると言えます。

前述のように、換気の良い場所であること。
そして明るい場所であること。

何より、家族みんなが揃う場所でもあるからです。

私がまだ小さい頃は我が家でもリビングに飾っていた時期があります。
ただ、出窓が飾る場所に近かったので、直射日光が当たらないようにと母が時間帯によってカーテンをうまく調節して光を家の中に取り入れていたようです。

外出する日は午前中からカーテンを閉めていたようですが、遮光カーテンではなかったので真っ暗になることもなくその点は問題なかったみたいです。

母が言っていたのですが、ひとつ難点をあげれば七段飾りで場所を取っていたために、食器棚までの道が塞がれて人形を飾っている時期は少々不便だったとか^^;

この辺りはそれぞれの家々によって配置を色々と検討する必要がありそうですね。
洋室でも和モダンな飾り付けで部屋の雰囲気も素敵になると思います。

私自身、やっぱり家の中にキレイなお雛様があるのは小さい頃の記憶ながらに嬉しかったのを今でも覚えていますし、たとえおぼろげでもお子さんの中で素敵な思い出のひとつとして残るものだと思います。

親として可愛い我が子を守ってくれるように。
良い運気を呼び込んでくれますように。

雛人形を飾る際は家の中でベストなスペースを探して、飾り場所として不向きなところは避けるように心がけるようにしましょう。

娘さんが素敵な女性に育ってくれることを願って。

以上、雛人形の飾る場所についてのポイントレポでした。
娘さんがいらっしゃるご家庭の参考になりましたら幸いです。

まとめ

  • 雛人形の飾り場所として玄関は避けるようにすること
  • 直射日光は人形を傷める原因になるので極力さけるような設置で飾ること
  • 換気が良く明るい場所が人形を飾る場所として好ましい

▼こちらもオススメ▼

【雛人形の買い方から処分まで扱い方まとめページ】
ひな祭りのお悩み解消!雛人形の買い方飾り方処分までまるっと解説!check!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。