バレンタインの友チョコは市販で簡単に!ブルボントリュフが使える!

近年のバレンタインは本命に…というよりも
どちらかといえば友チョコや義理チョコの方が盛り上がっています。

仲良しの友達や普段お世話になっている人への

『ほんの気持ちです』

的なお礼代わりのプレゼント化しているような風潮がありますね。

となると、人によっては
大量に用意しないといけない場合もあります。

たくさん用意するなら手作りの方が安く上がる場合もありますが、
最近では手作りチョコを嫌がる人もいますし、
材料集めや製作時間等のことも考えなければいけません。

大量のチョコを作るのも面倒。
でも用意しとかないと後から何か言われそうで面倒。

そんな悩みを解決する手段をご紹介します!
手作りじゃないけど手作りっぽく大量に作れる。

そんな便利な方法をこっそりお教えしますよ♪

スポンサーリンク
  

バレンタインの友チョコは市販のもので簡単に大量生産

バレンタインには友チョコとしてある程度の量が必要になります。

手作りなら大量に作ることができますが、手作りが苦手な人にとっては結構憂鬱な作業です。

そんなあなたに朗報!
チョコは作らなくても手作りっぽくできちゃうんです。

しかも大量に!

その方法というのは、『ブルボンのトリュフチョコ』を使うこと。

用意するものとしては、

【材料】
●トリュフチョコ(ブルボン以外でもOK)
●竹串(可愛いピックでもアリ)
●OPP袋・透明袋(柄入り可)
●リボンもしくはラッピング用のカラーモール

これだけ。

トリュフチョコはスーパーやホームセンター等でお徳用パックのものもありますし、店舗によっては100円ショップにも置いてます。

お店の品ぞろえによっては全部100均で揃えることもできることもできますね^^

これらを使ってどうなるかというと、

こんな感じです。

トリュフに竹串(またはピック)を刺したら、袋をかぶせてカラーモールで結んだだけ。

この方法なら不器用さんでも簡単に用意できます♪
材料費もお財布に優しいので結構オススメの方法なんです。

カラーモールの方が結びやすいので、幼稚園や小学生といった子供用の友チョコに向いていますね。

逆にカラーモールではなく大振りのリボンを使ったり、リボンの二重使いをするのもラッピングに個性が出てgood♪

シンプルな仕上がりがお好みの方は麻紐を使う…なんて形もナチュラルな仕上がりになっていいと思います。

ひとつ注意点をあげるとすると、竹串やピックを刺す時に力入れすぎたり刺す勢いをつけすぎないようにすること。

トリュフが割れてしまわないように十分気を付けて下さいね。

ブルボンのトリュフでイケてるバレンタイン♪

お徳用のトリュフチョコで用意するのもいいですが、準備する量がそんなに多くでなくていいのなら冬季限定のトリュフを使うとさらにおしゃれな友チョコが作れちゃいます。

ホワイトパウダーのかかったトリュフだと普通のトリュフとはまた雰囲気が違って高級感があります。

ちょっとレギュラータイプのものよりお値段が上がってしまうデメリットもありますが、その分味も良いので本命の人へのバレンタインチョコとして用意するのもアリかと。

本命だからこそちょっとお高めのブランドチョコをあげたい…
でも、そんな思いがあっても予算が足りない人もきっといますよね。

そんな時にも使えるお助けアイデアのひとつです^^

また、この生チョコトリュフ以外にも紅茶味のものやアーモンド味のものもあります。

プレゼントする人数やお渡しする方々の好みに合わせてラッピングの包材を変えたりする等、色々と工夫してみてくださいね。

スポンサーリンク

ちょっとひと手間ポイント

今回ご紹介した方法はあくまでも『簡単に用意できるバレンタインチョコ』になります。

ですが時間に余裕のある人やもうひと手間加えてみたいといった人は以下のようなやり方もありますので、見栄えをもっとよくしたいと考える人はぜひお試しあれ。

トッピング -パウダー系のアクセント-

トリュフチョコの上部にパウダーシュガー抹茶パウダーをふりかけてみると見た目的にも華やかになります。

アラザンやカラーシュガーは固形の砂糖なので市販のトリュフチョコだとうまくくっつかないので不向きだと思います。

ですので、粒子の細かい粉系のパウダーシュガーをアクセントに使うと良いでしょう。

トッピング -チョコペンで楽々デコ-

同じくトリュフチョコの上部にギザギザにチョコペンを絞ります。
(お好み焼きにマヨネーズをかけるイメージです 笑)

何もしない状態もいいですが、これだけの作業で結構見栄えに差が出るんですね。

最近はいろんな味のチョコペンが販売されています。

トッピングとして使うものなので、ピンクや黄色、オレンジや紫などチョコの茶色に映える色を選ぶのがオススメです。
大人っぽく、またはシンプルに仕上げたいならホワイトのチョコペンがベストですね。

チョコペンも100円ショップで色んなカラーのものがありますので安くで揃えることができます。

包材に合わせた色合いのものを選んで統一感が出るように、可愛く仕上げましょう^^

まとめ

  • 友チョコはブルボンのトリュフチョコを使えば楽々簡単に用意できる
  • 100円ショップにある材料をうまく使えば比較的安い出費におさえることができる
  • ちょっとしたトッピング等のひと手間で華やかさを演出することも可能

▼こちらもオススメ▼

【バレンタインに関するお悩み・その他まとめページ】
ラッピングの方法や本命に義理…バレンタインのお悩みまるっと解決!check!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。