お守りの持ち方 縁結び効果を高めるなら財布がベスト?有効期限は?

片思いしてる人と結ばれたい。
素敵な人と出会いたい。

そんな思いを胸に
縁結びのお守りを手にする人は多くいらっしゃると思います。

よりご利益を高めるお守りの持ち方について
神主さんのご意見を交えながらわかりやすくまとめました。

縁結び効果を高めたいと願っている人はぜひご一読を。
お守りを持つ期限についても一緒に確認できますよ。

スポンサーリンク
  

お守りの持ち方と縁結びの意味を知ろう

初詣や旅行先のお参り等で手にすることの多いお守り。
その中でも何かと扱いのことで気になるのが『縁結び』のお守りではないでしょうか。

「好きな人と結ばれたい!」

「いい出会いに恵まれたい!」

などなど、強い願いを持つ人もいることでしょう。

『縁結び』と聞いて一番に恋愛事を思い浮かべる人が多いと思います。

恋愛に関してのご利益はもちろんですが、それ以外の『縁』にも意味があることをご存知ですか?

例えば、仕事に関する縁なら相性のいいビジネスパートナーに恵まれたり、取引先との繋がりで新しいご縁をいただき業績アップにつながることもあるでしょう。

他にも新しい友人との出会いだったり、引っ越し先とのご縁だったり。
交友関係が広がることで自分にとってプラスになる大きなご縁をいただけることもあるかもしれません。

この世にあるもの全ては人と人との縁で繋がるものです。
ですが、その縁が良いものであるとは限りませんよね。

お守りを持つ人にとって必要な縁だけ手繰り寄せてくれる…といった意味があるとでもいいましょうか。
自分にとって良い縁であれば結ばれるように、逆に悪い縁や実りのない縁なら断ち切れるように。その手伝いをしてくれるのが縁結びのお守りなのです。

では、その縁結びのお守りのご利益を存分に受けるための持ち方について、続けてご説明していきましょう。

お守りの持ち方 縁結びなら財布に入れるのが一番?

お守りのご利益にあやかるためには、普段から肌身離さず持ち歩くのがベスト。
昔の人は着物に縫い付けるなどして常にお守りと共にある生活を送っていました。

でも、現代ではちょっと難しいですよね。

ポケットがついている服ならいいものの、服は毎日着替えるものですからその都度入れ替えるのも面倒。
ポケットから取り出すのを忘れて一緒に洗濯してしまったら大変ですし、そもそもポケットがついていない服を着る日だってあります。

となると、服ではなく身に着けるものにお守りを入れておく、という形が無難です。

神社の神主さんに聞いたところによると、

「普段使っているお財布やバッグの中に入れておいて構わない」

とのことでした。

女性の方だと日常の中でポーチを使うことも多いので、そういった小物類につけておく形でも構わないそうです。

ただ、個人的にはお守りに触れている時間をどれだけ長く保っているかが大事だと思っています。

バッグ類を置いたままその場を離れることがあったとしても、お財布ってやっぱり貴重品なので絶対持ち歩くことが多いはず。
自分から離れることの少ないお財布に入れておいた方がその分ご利益upに繋がると信じて私はお財布の中に入れて持ち歩いています。お財布ってわざわざ中身を人に見せることもないので、縁結びのお守りを持ち歩いてるって知られたくない人にもおすすめです(笑)

それに加えて、できるだけキレイな状態を保てるように心がけています。

↓出雲大社でいただいた縁結びのお守り

お守りのサイズに合う透明な袋に入れてお財布の中へ。
更に汚れることのないようにお札を入れるところとは別の場所に分けて入れています。

ちなみに紐付きのお守りや根付タイプのお守りの場合、ファスナーの持ち手に結び付けて持ち歩く形でもOK。
紐がほどけたり切れてしまった時に慌てる人もいるかもしれませんが、大事な人との縁が切れてしまうわけではないのでその点は安心して大丈夫ですよ。

もし結び目が弱くなって紐が切れてしまった場合は、そのままお財布やバッグのポケットに入れて持ち歩くようにしてお守りをお返しする日まで大事に扱うようにしましょう。

スポンサーリンク

お守りの持ち方 縁結びの効果が持つ期限は?

縁結びのお守りを手に入れたはいいものの、

「お守りの有効期限っていつまでなんだろう?」

そんな疑問を持ったことはありませんか?

基本的に、お守りは授与されてから1年間経ったらお返しするものとされています。健康祈願や家内安全、交通安全といった願意のお守りですね。
ですが、縁結びのお守りについてはちょっと違います。

縁結びのような期間限定の願意でお守りを持つ場合、その願いが叶ってからお返しするものになります。
ですので人によっては1年以上持ち続けている人もいるということです。

わかりやすいように他にも似たようなもので言えば、安産祈願や合格祈願といったお守りがそれに当てはまります。

安産祈願ならお産が無事に済んだ時。
合格祈願なら試験の結果が発表された時。

どちらとも願意を達成しているわけですから、もうお守りは必要ないですよね。

ですので縁結びのお守りは持っている人の願いに終わりを迎えた時にお返しするものとされているのです。

私が持っているお守りも早くお返しできる日が来るようにと願ってやみません(笑)
あなたにも、いいご縁がありますように。

まとめ

  • 縁結びのお守りは恋愛だけでなく人生の中におけるすべての出会いや縁に関係している
  • お守りは財布やバッグ等普段からよく身につける頻度の高いものに入れておくのがオススメ
  • 縁結びのお守りはその願いが叶ってからお返しするもので持ち歩く期間は人によって異なる

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。