ケーキが冷蔵庫に入らない…保存は常温NG?外に置くしかない時は?

買ってきたケーキだったりお土産で頂いたケーキだったり。
冷蔵庫で保存しようと思いきや、

「冷蔵庫の中がいっぱいでケーキが入らない!」

そんな状況にお困りの方もいるはず。

部屋でそのまま置いていてもいいの?
常温で保存してたらやっぱりまずい?

そんなあるあるな疑問について解説しています。
ケーキの保存について気になる方はぜひご一読を。

スポンサーリンク
  

ケーキが冷蔵庫に入らない!

誕生日やクリスマスといった特別な日にケーキは欠かせません。でも、

「冷蔵庫に入らない…どうしよう!」

なんて状況にお困りの人もいるのではないでしょうか。

  • 買ってきたケーキのサイズが思いのほか大きかった
  • 冷蔵庫の中を整理しても十分なスペースが空かなかった
  • 箱から出してみても入らなかった
  • 冷蔵庫のサイズがそもそも小さかった

理由は様々だと思いますが、なんといってもケーキの保存は要冷蔵が基本。

どうにかして冷蔵庫に入れたくても、パーティー用に用意したデコレーションケーキだとカットした状態で冷蔵庫へ…なんてことはなかなかできませんよね。かといって、生菓子であるケーキを部屋でそのまま保存するのはなんとなく不安に思うものです。
このあたりの疑問について、次の章で詳しく説明していきましょう。

ケーキの保存 常温はNG?

「夏ならともかく、冬だったら常温で保存できるんじゃない?」

なんて、お店から買ってきたケーキを何も考えずにそのまま室内で放置してませんか?
ケーキの種類にもよりますが、ケーキは主に10度以下の保存が基本です。

冬の時期といっても暖房のきいた部屋の中に放置しておけばケーキは傷んでしまうこともあります。パウンドケーキやシフォンケーキなど、比較的常温保存でもOKなケーキもありますが、生クリームを使ったケーキだと、クリームがゆるんでしまうことも。

「保冷剤と一緒に入れておけば大丈夫でしょ?」

と安易に考えがちですが、保冷剤はあくまでも冷たい温度を保つためのアイテムです。つまり、冷たい状態のケーキと一緒に入れておけば冷えた状態を保ってくれるものの、一度ぬるくなってしまったケーキと一緒に入れたとしても冷たい状態に戻してくれるわけではないということです。

ですので、お店で保存されているケーキは冷蔵庫で保管されているわけですから、買ってきてすぐの冷たい状態で保冷剤と一緒に入れておけばそのまま常温で放置しておくよりかは幾分マシ…といった捉え方でいた方がいいと思います。

冷蔵庫に入れることができない時には、極力気温の低い涼しい部屋へ移動させることです。エアコンがある別室で冷房をきかせて気温を下げたり、エアコンがなければクーラーボックスや発泡スチロールの箱に入れて保管するなどできるだけ冷たい状態を保つように努めましょう。

↓こちらでも詳しく確認できます↓

スポンサーリンク

ケーキを外で保存してみた実話

私の学生時代の話なんですが、実際にアパートのベランダに一夜放置したことがあります。
毎年、友人の家でクリスマスパーティーをするのが恒例だったのですが、たまたまその年は計画を立てる段階でテンションが上がりまくっていて、何を思ったかホールケーキを3個も用意してしまったのです。

女子5人に対してホールケーキ3個。
普通に食べきれるはずがないですよね…。

どうにかこうにか2個を食べきったものの、残ってしまったホールケーキ1個。1人暮らしの友人宅の冷蔵庫はサイズが小さくてカットしても全部は入りきらなかったので友人たちで出した結論は、

「…冬だし、一晩くらい大丈夫じゃない?」

と、真冬のベランダに箱ごとそのまま朝まで置いておくことに。実際問題、他に方法がありませんでした。

翌日の朝また集まって、残りのケーキで朝ケーキを楽しむことになりました。約8時間近く放置したケーキの箱を、いざオープン!

チーズタルトでしたが、見た目問題なし。
切り分けて全員で実食。

……全然問題なく食べれました。というか、普通に美味しかったです(笑)

12月という寒い時期だったのが幸いしたのかもしれませんが、意外と生クリーム系のケーキでも大丈夫だったかも?なんて友人たちと笑いながらケーキをつついた、学生ならではの思い出話です。

けしてオススメはしませんが、他に打つ手がなくどうしても外に置いておくしかない時には気温の低い冬の時期に限り、屋外での保管もできないことはない…というお話にしておきましょう^^;

ただ、口にする前には必ずにおいを確かめること。生クリームやスポンジケーキの食感に少しでも違和感を感じたらそのまま食べるのは控えた方が賢明です。
わかりきったことですが、夏場に外で放置するのは絶対厳禁!ですよ。

私の場合、季節や時間帯などたまたま運よく何ごともなく食べられただけでお住まいの地域によっては夜のうちに動物が荒らすこともあるかもしれません。そういった保管の仕方を含め、食べた後の体調についてもやっぱり自己責任になりますので、屋外でのケーキの保管は他にどうしようもない時の最終手段として検討するようにしてくださいね。

以上、参考になりましたら幸いです。

まとめ

  • カットしてかまわないケーキなら小分けにしてできるだけの数を冷蔵庫へ
  • 冬だからと油断しないで極力気温の低い場所での保存に努める
  • 屋外で保存したケーキの安全性については運次第
スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。