親同士のお歳暮をやめたい…実家のやり取りはいつまで続けるべき?

「親同士のお歳暮のやり取りっていつまでするもの?」

娘の嫁ぎ先へ毎年お歳暮を贈る度に
気を重くしている人もいるのではないでしょうか。

お歳暮シーズンを憂鬱に思う人も少なくないと思います。

結婚後の親同士はいつまでお歳暮を続けるべきか。
そんな実家義実家だからこそのお悩みについてまとめました。

そろそろやめたい…
そう思っている人はぜひご一読を。

スポンサーリンク
  

親同士のお歳暮をやめたいけど…続けるべき?

結婚後に実家と義実家がお歳暮のやり取りを始める…よく聞く話ではありますが、両家の親同士は実際のところどのように思っているものでしょうか。

結論として言えるのは、実家同士のお歳暮のやり取りについてはいつまで続けるものといった決まりは特にないということ。

お歳暮についての考え方は家庭によってそれぞれなので

「礼儀として送り合うべき」

と考える人もいれば、

「家計の負担になるからできればやめたい…」

なんて考える人もいます。

お嫁さん側の親としては娘に恥をかかせないようにと毎年かかさず用意する人もいらっしゃることでしょう。家同士で両極端の考えだとなかなかやめづらいものですし、言い出せないまま今に至っている…なんてご家庭も多いのが実情だと思います。

ですが年金暮らしで食べているようなご家庭だとこれから先もお歳暮のやり取りをしていくのはなかなか厳しいもの。娘の嫁ぎ先が同じ考えであったとしても「やめたい」とこちらから口にするのは失礼かもしれないと頭を抱えている人も少なくないはずです。

続けるべきか。やめるなら相手先にどう伝えるか。

実家の親同士という間柄だからこそのデリケートなお悩みについて、お歳暮のことをどう考えていくべきか続けて解説していきます。

スポンサーリンク

お歳暮 実家同士のやり取りは無意味?

お歳暮は本来、日頃の感謝の気持ちを形に変えて贈るという昔からの風習です。
結婚した息子と娘の親同士の場合、

「お世話になっているから」

というよりは、年の暮れのご挨拶代わりに…という捉え方でお歳暮のやり取りを考えているご家庭がほとんどではないでしょうか。

特に娘を嫁に出した側としては先にご説明した通り、娘のことを思う親心から続けているというご家庭もあることでしょう。
ですが、実際のところお互いに出費がかさむのは事実です。そろそろやめたいとお考えであれば区切りのいい年を見定めて、

「今後のお気遣いは無用でございます」

とお礼状でお伝えしてみましょう。
嫁ぎ先からの申し出を待って長年無駄にするよりはいいはずです。もちろんお礼の電話の際に伝えてみる…といった形でもかまいませんよ。

ただ、角が立ってしまったらどうしよう…と不安に思うのであれば、お婿さんから義実家の考えを聞いた上で今後のお歳暮のやり取りについて辞退をすすめてもらう形を取ってもらうといいですね。間に入ってもらうことで丸く収まりやすくなると思います。

両家共に良好な関係で毎年の楽しみにしているなら無用な心配ですが、これを機にお歳暮のやり取りを清算するのも良い選択だと言えます。
「形だけのやり取りを続けるのは無意味…」という考えからやめてしまう人も多い現代なのですから。

お歳暮 いつまで続けるべき?

では、お歳暮をやめるタイミングとしてはいつがベストでしょうか。

  • 1年・3年・5年といった区切りのいい年を選ぶ
  • 年金をもらい始めた年をきっかけにする
  • 配偶者と死別、または別居した年を理由にする
  • 孫が生まれた年に子供たちの援助にシフトしようと提案する

このように色んなターニングポイントがありますね。

『〇年までは贈るもの』といった考えが浸透している地域もありますが、これから先の住まいによっても考えは異なりますし、各家庭その時の事情も関わってきますので自分達の家にはどの形が一番ふさわしいかを見極めるべきでしょう。

気持ちよくやめる為にもやはりお互いの意志を確認し合うことが大切です。
いきなり贈るのをストップしてしまうと、

「あちらのお宅、どうかしたのかしら…」

と気にされてしまう場合もありますので。

長い付き合いになるのですから、これから先のことも考えてお互いの生活に無理のない形が一番です。娘夫婦にも相談した上で両家が納得できるお付き合いが続けられるといいですね。

まとめ

  • 親同士でお歳暮をやり取りする期間はこれといった決まりはない
  • お歳暮をやめる提案をする時は娘夫婦に間に入ってもらい波風の立たない形で
  • 家族それぞれの考えがあることを理解し合ってお互いに無理のないお付き合いを

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。