お宮参りは雨の日でも行く?延期するべき?台風の時期はどうするの?

家族のスケジュールを合わせて予定していたお宮参り。
でも、雲行きあやしい天気予報…

雨でもお宮参りって行くべき?
延期しても問題ないの?

そんなお宮参りのお悩みについて
神主さんのご意見を参考にわかりやすくまとめてみました。

雨の日とお宮参りが重なってしまいそうな時はぜひご一読を。
当日どうするかの判断材料になれば幸いです。

スポンサーリンク
  

お宮参りは雨の日でも行く?

赤ちゃんが生まれてからもうすぐ一ヶ月。お宮参りの準備を始めててんやわんやのご家庭もあることでしょう。
でも…せっかく予定していた日が雨だったら?

天気予報を見ながらどうしたものかと落ち着かない人もいらっしゃると思います。
行くべきか。やめておくか。

結論として、一番に考えるべきなのは主役である赤ちゃんの体調です。大人はいいとして、降りしきる雨の中赤ちゃんに無理をさせてしまうと体調を崩してしまうことも考えられます。せっかくのお宮参りを残念な思い出にしてしまうのはしのびないですよね。

雨の日でも大安と重なった日は大勢の参拝者がお参りに来ますので待ち時間も長くなり、赤ちゃんも疲れてしまいます。
逆に天候が悪いことで参拝者が少ない場合もありますが、もし着物着用での参拝を予定していた場合、和装での雨の日の移動はやっぱり大変です。この辺りのことも考慮して家族で話し合って早めにどうするかを決めましょう。

お宮参りの記念写真を神社で撮影したい

家族のスケジュール上の都合で

「どうしてもこの日じゃないと難しい…」

といったご家庭もあると思います。雨の日のお参りでご祈祷を受けることに問題はなくても、一番残念なのはきれいな写真が撮れないことではないでしょうか。
傘を差しながらカメラを構えるのも大変ですし、雨に濡れないように軒下のような屋根のあるところで撮影するとどうしても薄暗い写真に…。

せっかくのおめでたい日の思い出はキレイな形で残したいと思う人は多いはず。
この辺について神職をしている友人に尋ねてみたところ、

「都合がつくのなら後日日を改めて天気の良い日に記念撮影に来るといいのでは」

との助言を頂きました。
赤ちゃんの体調にも問題なく家族が揃う日がその日しかないのであれば、予定していたその日にご祈祷だけ受けて別の日にお参りして記念撮影…ということですね。
最近はSNS映えを狙ってキレイな写真にこだわる人も多いですからね。アプリで簡単に加工はできるとしても、やっぱり普段の写真と違って記念として残す写真ならいい状態のデータで保存おいた方が良いでしょう。

友人がご奉仕している神社では、周りの参拝者の迷惑にならないようであれば境内の写真撮影においては特に事前の申し出もいらないと言っていました。もちろん、プロのカメラマンさんに出張してもらうとなると話は違ってきますが^^;
神社によって色々な考えがありますのでご祈祷の受付をお願いする際にお尋ねしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

お宮参り 雨なら延期した方がいい?

「雨だと色々大変だから延期しようか…」

色々と迷う人も多いでしょうが、お宮参りを延期すること自体は何の問題もありません。
個人的には、もし延期できるなら別の日にした方が赤ちゃんへの負担も少ないと思います。産後まだ体調がよろしくないお母さんにとっても同じことが言えますね。

神社で祈願を受ける場合、ご祈祷は毎日年中行っているので基本的に予約なしで受けられるところがほとんどだと思います。当日になって「やっぱり延期しよう!」と決めても神社側に迷惑がかかることはありません(予約制の神社を除く)。

…となると、気になるのはお宮参り当日に合わせて予約をしておいた写真スタジオやお食事会はどうするか?ということ。
では予約変更・延期の際はどうするか確認しておきましょう。

お宮参り 予約をしていたのに雨になりそうな時

ご祈祷は延期にすることになった場合、記念撮影やお食事会はどうするべきでしょうか。

写真スタジオについては赤ちゃんの体調や悪天候による予約の延期対応をしてくれるところが多いので、まずは予約しているスタジオまで早めに電話を入れて相談しておきましょう。当日になってしまうと同じように延期しようと考える他のお客さんもいるはずですから、問い合わせ対応に時間がかかってしまうことも考えられます。
予約を取りなおすのが面倒という人は撮影だけ予定通り行って、お宮参りだけ別の日に…という考えもアリだと思いますよ^^

延期するにあたって無料で対応してくれるところが多いと思いますが、念のため追加料金等発生しないか合わせて確認しておくといいですね。
延期にすることが確定している状態なら、それが『いつ』なのかはっきり伝えられた方が先方も対応しやすいので、家族のスケジュールを改めて確認しなおしておくことです。

お食事会についても同様のことが言えますが、扱うものが食材なだけにお店によってはキャンセル料が発生してしまうところもあるでしょう。どちらにしろ天候が怪しいと感じ始めたら早めに行動に移すことが肝心です。

「せっかく予約しておいたんだから」

と食事だけ楽しんで別の日にお宮参りだけする、といったご家庭もあるようです。遠方からわざわざ足を運んでもらう親戚がいる等、日程変更が難しい場合もありますからね。
この辺りはそれぞれの考え方によるのでお宮参りに参加される家族親戚全員でよく話し合っておきましょうね。

お宮参り 台風の時期はどうしたらいいの?

台風でもお宮参りに行くか行かないかはご家庭の考えによりますが、嵐の日でもご祈祷は受けることができます。

神職の友人はどんなに大雨であろうが出社すると言っていました。もしかしたらご祈祷希望でお参りに来る人がいるかもしれないから、と。

そんな人がいるのか…と半信半疑で聞いていましたが、実際にいるそうです。ごく少数派だそうですが^^;
神主さんも体張って参拝者の皆さんの為にがんばってるわけですね…。

台風の日でもお参りされる方々は何かしら理由があってのことだと思います。
ですが前述のように無理は禁物です。赤ちゃんの負担はもちろん、交通手段がストップする可能性もあるのですから。

「良い日を選んでいたから…」

といった考えの人もいるかもしれませんがさすがに嵐の日の参拝は延期した方が無難かと思われます。

赤ちゃんの為に一番ベストな形は何か。
もう一度頭の中を整理してよく考えてみてくださいね。

↓こちらの記事もおすすめ↓
関連記事:お宮参りは生後何日目?日をずらすのはOK?大安や仏滅は関係ある?

まとめ

  • 雨の日でもご祈祷は可能、ただし赤ちゃんの体調最優先で
  • 予約手配済の変更をする場合は早めのスケジュール調整を
  • 家庭によって考え方は様々なので家族みんなが納得できるベストなお参りの形を決めるべし

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。