顔にカスが出る…化粧下地で消しゴムのカスらしきモロモロが出る原因

ファンデーションをキレイに密着させる為に
欠かせない化粧下地。

でも顔に広げた途端、消しゴムのような白いカスが。

払い落とそうとこすればこするほどポロポロ出てくる謎のカス。

これって垢なの?角質なの?
一体何が原因なの?

同じような現象でお困りの方はぜひチェック!
原因と対処法をご確認くださいね。

スポンサーリンク
  

顔にカスが出るのはどうして?

メイク時に化粧下地を塗ったら顔から白い消しゴムのようなカスがポロポロ。このカスはモロモロと呼ばれていて、同じ現象に戸惑う人が最近増えているようです。
よく見るとピーリングした時に出るようなカス。でもピーリングの時に出るのは肌にたまっていた垢だったり角質だったりするわけで。

じゃあ…このカスって一体なんなの?
クレンジングや洗顔がちゃんとできていないってこと?

肌に悪い影響はないのかも気になるところです。

忙しい朝に慌てて時間を無駄にするのは避けたいですよね。このカスが出てしまうそもそもの原因と対処法についてひとつずつ確認していきましょう。

スポンサーリンク

化粧下地を塗ったら消しゴムのカスみたいなものが…

化粧下地を塗った時になぜか出てくる白いモロモロ。オールインワンゲルのようなジェル状のスキンケア用品を使用した際に多くみられる現象です。

原因はゲルに含まれているカルボマーやジメチコンといったシリコン成分。このカルボマーが皮脂中の塩分だったり、メイク前のスキンケアに使用した成分に反応して角質除去時に出る垢のようなカスが発生してしまうのだそう。

ゲルではなく、下地にこのカルボマーが入っている場合もあります。今使っている下地の成分表を確認して、中にこの成分が含まれているようであればおそらくこれが原因かなと思われます。

また、オールインワンゲルを使用していない場合でもモロモロが出るケースもあります。それは化粧水・乳液といったスキンケアの直後に化粧下地を塗った場合。
化粧水や乳液が肌の中にしみ込むのには少し時間がかかります。使っている基礎化粧品や下地の相性にもよりますが、肌になじむ前に、すぐ下地を重ねてしまうとあの白いカスが出やすくなってしまうんです。

カスが出たことに最初は驚く人も多いでしょうが、たまたま化粧品の成分の組み合わせで固まっただけであって肌に悪い影響がある…ということではないのでその点は安心してくださいね^^
では、原因が分かったところでこのカスを発生させないポイントについてご説明していきます。

化粧下地を塗ったらモロモロが出る時の対策

化粧下地に限らず、日焼け止めやBBクリーム、CCクリームを塗った時にも白いモロモロが出る場合があります。これらの中に前述したカルボマー等のシリコン成分が入っていないかまず確認しましょう。
使用する化粧品の組み合わせ次第でカスが出ないこともありますが、こればっかりは相性の問題ですので一度使ってみないと…というところですね。

ですが、対処法を知っておくことでモロモロの発生を防ぐことはできます。まずは今すぐできる対策からご紹介していきますね。

スキンケアはしっかり浸透させる

どの基礎化粧品を使うにしてもしっかり時間をおいて肌に浸透させることが第一です。浸透前にメイクしてしまうのはモロモロ発生の原因になるので焦りは禁物。
ではオールインワンゲルと化粧水・乳液についてそれぞれ使用時の注意を確認しましょう。

オールインワンゲル

オールインワンゲルはひとつでほしいケア全部を完了させてくれる便利な時短アイテムです。ものにもよりますが、化粧水や乳液を使う時よりも肌表面にベタベタ感を感じることが多いはず。

しっかりハンドプレスして肌への浸透を助けるお手伝いをしてあげましょう。
オールインワンゲルを使う時は肌表面がちゃんと乾いてから下地やBBクリームを塗ること。まだ乾いていない状態でメイクをはじめてしまい、カスが出てしまう…というのがよくあるパターンです。
夜のみの使用にするか、塗る量をおさえめにして調整するなど、使い方を工夫してみましょう。

化粧水・乳液

手で化粧水をつける人も多いと思いますが、肌への浸透しやすさを考えるとやっぱりコットン使用を断然おすすめします。

肌へのなじみも早くなり、結果化粧持ちも良くなりますよ。
指でさわって肌表面の水分量を確認し、化粧水が浸透しているようであれば乳液を塗ります。ゲルと同じようにしっかりハンドプレスしてなじませた後、5~6分おいてからメイクしましょう。

下地の塗り方

スキンケア用品を十分に浸透させるのはもちろんですが、下地を塗る時のコツも覚えておきましょう。

塗り方としては指で広げるというよりは叩きながら塗り込むという感じです。『肌にのばす』ではなく『肌に乗せていく』というやり方をイメージしてみてください。
そして塗りすぎに気をつけること。余分に肌に塗ることで、もしシリコン成分が含まれている下地だと余計に固まりやすくなってしまいます。焦って擦ってしまうとカスが出てきてしまうので丁寧になじませてくださいね。

上記の対処法を試した上でモロモロが出てしまうならスキンケア用品と化粧下地のマッチングが悪いということです。
だからといってすぐ捨ててしまうのはもったいないですよね。買い替えの際に色々試して、カスの出にくいぴったりの組み合わせを見つける…という形をとるのがベストではないでしょうか。

まとめ

  • 下地やジェル状のスキンケア用品に含まれるシリコン成分が白いカス発生の主な原因
  • メイク前のスキンケアをしっかり肌になじませることがポイント
  • 擦るとカスが出やすいので下地を塗る時は叩き込みながら肌全体に広げていくイメージで

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。