赤ちゃんの日焼け止め 塗らないとどうなる?紫外線とどっちが有害?

昔と違って紫外線量の多い現代。
子供の日焼けについて考えるお母さんも多いと思います。

赤ちゃんのお肌はデリケート。
そんな素肌に日焼け止めを塗って害はないのでしょうか。

日焼けは良くない。
でも日焼け止めを塗るのも良くないんじゃ…?

そんな日差しが強まる季節のお悩みについてまとめました。
我が子を思うお母さんが生活する上でどのように対処していくべきか
確認しておきましょう。

スポンサーリンク
  

赤ちゃんの日焼け止めは塗らない方がいい?

すべすべな赤ちゃんのお肌。紫外線の気になる季節が近づくと日焼け対策が気になりますよね。紫外線は日焼けだけでなく健康に害を及ぼす悪いもの、とイメージする人が多数だと思います。

だからこそちゃんと考えたい赤ちゃんのUV対策。
でも、人によって意見が様々。

「赤ちゃんのうちからそんなもの塗らなくていい!」

「そもそも日焼け止め自体が肌に悪い!」

という考えの人もいれば

「まだ皮膚が弱い赤ちゃんのうちからしっかり保護してあげなきゃ!」

「大きくなった時にシミ・しわになったら大変!」

と考える人もいるわけです。

ビタミンD生成の為にもある程度の日光浴も必要といわれています。

  • 紫外線を気にして日焼け止めをしっかり塗る?
  • 紫外線は気にしないで日焼け止めは塗らない?

お母さんのケア次第で赤ちゃんの未来のお肌が左右されます。

一体どうするのが一番ベストなのか。
紫外線についてもう少し詳しく掘り下げながら赤ちゃんのUV対策について考えていくとしましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めを塗らないとどうなる?

紫外線は大人にも悪影響をもたらす怖いものです。
日焼けはもちろん、将来シミやしわのできやすい肌になってしまうかも…と考えると赤ちゃんのうちからUV対策を心がけるのが賢明でしょう。子供さんが女の子だったら余計にそう思うお母さんも多いはず。

ただ、

「それって過保護すぎるんじゃない?」

と思う人もいらっしゃると思います。

もちろん考え方は人それぞれなのですが、忘れてほしくないのは日焼けはやけどのひとつだということ。ちょっとの外出でも真夏の外出時は注意すべきです。まだ皮膚の弱い赤ちゃんは紫外線の刺激をもろに受けてしまいます。
そして紫外線は細胞の中のDNAを傷つけてがんを引き起こすことも。皮膚がんを発症させる原因とも懸念されている以上、たとえ過保護だと言われても健康リスクのことも頭に入れた上で赤ちゃんの紫外線対策を考えるべきではないでしょうか。

それでも日焼け止めの使用を躊躇してしまうのは含有する化学物質や添加物が気になる、という不安からだと思います。

長袖を着せて対応することもできますが、暑い時期だと無駄に体温を上げてしまう心配もあるので考えものです。
赤ちゃんのデリケートな肌に日焼け止めを使うのは気が引けてしまう…と思う人も、もう一度日焼け止めを使わないデメリットを見つめなおしてみるべきだと思います。

赤ちゃんの日焼け止め 紫外線と比べたらどっちが有害?

日焼け止めは紫外線から肌を守るための成分が含まれています。しかし同時に肌に負担をかけてしまうものであることも事実です。

日焼け止めの使用については、実際のところお医者さんによっても意見はまっぷたつに分かれていて、

「昔と比べて紫外線量も増えているから日焼け止めはしっかりと」

「わざわざ体に良くないものを塗る必要はない」

かかる病院によってお医者さんに言われることが違うこともあるようです。
お母さんからすれば「じゃあ結局どうしたらいいの?」と困惑するかもしれませんが、私が思うにどちらが有害かということではなく、どううまく付き合っていくか。この考えに尽きると思います。

生きていく中で紫外線のない生活はどうしても避けられません。そして同じように化学物質にまったく触れない生活も難しいでしょう。
でも、日頃の心がけ次第で有害なものとの接触を『減らす』ことはできるのです。

頑なに考えすぎてしまうと日常生活を送るのに支障をきたすのであくまでも柔軟なスタイルを心がけること。
真夏の時期や紫外線量の多い10~14時までの無駄な外出は避けて部屋の中で過ごし、おでかけの時には日焼け止めを塗る。この基本的な考えからずれることがなければ体に有害といえるほどの紫外線量は避けられるのではないでしょうか。

今は無添加やオーガニック系の日焼け止めも増えているので使う日焼け止めの選択を間違えなければさほど心配する必要もないと思います。
ただ赤ちゃんは何でも舐めてしまうので、口に入っても安全なものであるか確認しておくことがポイント。赤ちゃんの肌に優しい成分のものを選んであげてください。

そして日焼け止めを使った日はお家できれいに洗ってあげることも忘れずに。赤ちゃんのお肌と健康のケアはお母さんの心遣いひとつでどのようにも変わることを覚えていてくださいね。

まとめ

  • 紫外線対策は日焼けだけでなくがんの予防でもあるということ
  • 日焼け止めを塗るメリットとデメリットをちゃんと理解して使いこなすことが大切
  • 赤ちゃんに使う日焼け止めは口に入っても安心な体に優しい成分のものを選ぶこと

↓こちらもオススメ↓

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。