赤ちゃんも日焼け止め塗った方がいい?その必要性とアフターケアについて

「赤ちゃんにも日焼け止めって塗った方がいい?」

「それとも何も塗らない方がいい?」

日差しの強い日になると
赤ちゃんの紫外線ケアに敏感になるママも多いと思います。

さて、どちらの考えが正しいのでしょうか。

その答えについて詳しく解説していきます。
赤ちゃんの日焼けが気になるママは必見です!

スポンサーリンク
  

赤ちゃんも日焼け止め塗った方がいい?

「赤ちゃんにも日焼け止め塗るべき?」

そんな思いで首をかしげているママさんは少なくないと思います。

答えとしては何もしないより塗った方がいいけれど、塗らないで済む方法もある、といったところでしょうか。

例えば、長袖の服を着せたり帽子をかぶせることで直射日光を遮る、といった方法ですね。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。
大人と比べてただでさえ敏感な肌なのに、日焼け止めを塗るのは肌に悪そう…と考えるママさんもいることでしょう。

何より日焼け止めは肌に合う合わないがあるので、日焼け止めを塗りたくても濡れない…なんて赤ちゃんもいるはずです。

そんな時には通気性のいい長袖の服を着せてあげることで日焼けを防ぐことができます。
長袖を着せるのは暑そう…という場合にはUVカットケープをかぶせてあげるのもおすすめです。

↓体感温度-3℃の夏用ケープ↓

抱っこ紐に取り付けるだけで簡単に紫外線カットできる優れものです。
ベビーカーにも取り付けられるので1枚あると重宝すること間違いなしですよ。

他にも紫外線の強くなる10時~14時までの外出を避けたりなるべく日陰を歩くようにする、といった方法もあります。

日焼け止めを使えない、使いたくない赤ちゃんにはこれらの方法で強い日差しを避けるようにしましょう。

赤ちゃんに日焼け止めを塗る必要性とは

では次に赤ちゃんに日焼け止めを塗る場合について解説していきます。

赤ちゃんも大人同様日焼けします。
むしろ皮膚が薄い分、日焼けしやすい肌といってもいいでしょう。

だからこそ日焼け止めを塗るべきなのですが、前述のように

「赤ちゃんに日焼け止めを塗るのは肌に悪そう…」

と考えるママもいます。

確かに日焼け止めは赤ちゃんの肌にとって刺激のあるものかもしれません。
ですが、それ以上に紫外線から受ける刺激の方が害が大きいのです。

つまり、赤ちゃんにとって刺激の大きさは

日焼け止め≦紫外線

といった考えが成り立つということです。
だから日焼け止めを塗る必要があるということなんですね。

ですので、赤ちゃんに塗る日焼け止めは肌に優しい成分のものを選ぶことが大切。
パッケージをよく読んで成分をチェックするようにしましょう。

●『ベビー用』との記載があること
●紫外線吸収剤を使用していないこと
●オーガニック成分で作られていること

これらの記載があるかを確認すること。
大人用の日焼け止めは刺激が強すぎるので、必ず『ベビー用』のものを使ってください。

また、せっかく日焼け止めを使うのに塗り残しがあっては意味がありません。
服から露出している部分にはしっかり塗るように心がけましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止め後のアフターケアについて

赤ちゃんに日焼け止めを塗った日には、お風呂でしっかり洗い流してあげることが大切です。

洗い残しがあると日焼け止めの成分が肌に残ったままになるので、赤くなったりブツブツができてしまうこともあります。

特に首の後ろや内肘、膝裏は洗い残しが多いので要注意。
ベビー用の日焼け止めは石鹸で落ちるものが多いので、たっぷり泡立てて赤ちゃんのお肌をキレイに洗い流しましょう。

そしてすっきりキレイになったお肌には保湿の為のミルクローションやクリームでしっかり潤ってあげること。

日焼け止めを使うことでお肌は乾燥しがちです。
カサカサ肌にならないように、ベビー用の保湿剤を使ってお肌をいたわってあげることをお忘れなく。

↓おすすめの保湿剤はこちら↓

99%天然由来成分なので新生児から使える優しい処方です。

きちんと塗る、そしてきちんと落とす。
これをしっかり守れば日焼け止めは赤ちゃんの強い味方です。

正しい知識を持って夏の強い日差しから赤ちゃんを守ってあげてくださいね。
以上、参考になりましたら幸いです。

まとめ

  • 日焼け止めを使う時には塗り残しのないようにムラなく塗ること
  • 日焼け止めを落とす時には洗い残しのないようにしっかり洗い上げること
  • 日焼け止めを落とした後はたっぷり保湿をしてあげること

▼こちらもオススメ▼

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。