クリスマスプレゼントは彼女と一緒に選ぶ?内心嫌がられてるかも?

クリスマスの時期が近づくと
皆頭を悩ませるのが彼女へのプレゼント。

「何をあげたらいいんだろう…」

そんなお悩みを抱えた全国の男性へ。
僭越ながらアドバイスをさせて頂きたいと思います。

クリスマスプレゼントについて

「プレゼントって彼女と一緒に買いに行ってもいいの?」

と、ほとんどの人がそう考えるのではないでしょうか。

実際アリ?ナシ?
そんな疑問についてお答えしていきましょう。

私の友人知人の体験談も交えてお話させていだだきます。
女性のプレゼントに対する考え方って…結構怖いですよ?^^;
(もちろん人によってそれぞれではありますが 笑)

クリスマスという特別な一日が素敵な時間になるように。
女性目線のアドバイスが少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
  

クリスマスプレゼントを彼女と一緒に選ぶのってダメなの?

「プレゼントを彼女本人と買いに行ったらまずいかなぁ…?」

どうせなら喜んでもらえるものをあげたい。
でもせっかく選んだものが微妙な反応されたら切ない…。

じゃあどうしたらいいか。
この場合、『彼女と買いに行く』のが一番無難で確実な方法であるとは言えます。

…が。

もちろん『彼女が確実に欲しいものをあげられる』というメリットの強みはあるのですが、サプライズを楽しみにしている女性がいるのも実情でして。

「じゃあ、どうしたらいいんだ!」

と叫びたくなっちゃいますよね^^;

女性にも色んなタイプの人がいます。

①『好きな彼氏からなら何をもらっても嬉しい人』
②『自分の好みや実用的なものにこだわる人』
③『プレゼントしてもらうならサプライズして欲しい人』

…と、様々です。

なので、あなた自身の彼女がどのタイプに当てはまるか
ここの見極めが肝心ということになります。

好きな人からなら何をもらっても嬉しい女子

①の『好きな彼氏からなら何をもらっても嬉しい人』タイプなら、あなた自身が彼女に対して送りたいと思うものを贈ってあげればいいでしょう。

「自分のために色々考えて選んでくれた」

という行為だけでも十分に喜んでもらえると思いますよ^^

自分の好みや実用的なものにこだわる女子

②の『自分の好みや実用的なものにこだわる人』タイプなら、慎重にプレゼント選びをしなければいけません。

数年付き合っている彼女ならある程度の好みを把握できている人もいるかもしれませんが、付き合っている年数が長くても元々そういったことに疎い人もいるでしょうし、更に言えば付き合い初めのカップルだと初めてむかえるクリスマスに何を贈ったらいいか全くわからない…という人もいることでしょう。

そんな彼女には正直に話して一緒にプレゼントを買いに行くのが正解です。

ただふたりで選ぶ場合、彼女の一番欲しいものを買ってあげられるメリットはありますが、彼女の性格によっては

「どこまでねだっていいのかな…」

なんて遠慮するタイプの人もいるんですね。
そういった背景も考慮して、できるだけ予算は多めに用意しておいた方が無難です。

ただ、

「何でも選んでいいよ」

という男前な発言をしてあげるのもいいですが、人によってはプレゼント選びに無関心に聞こえなくもありません

自分で用意できない代わりに、彼女と選ぶのですから

「可愛いものを見つけようね!」

などと、積極的に彼女との買い物を楽しもうとしている姿勢を存分にアピールすること。
その点を十分に注意してください。

プレゼントならサプライズ!と考えている女子

「クリスマスみたいな特別な日にはサプライズしてほしい…」

そう考える女性も当然います。
個人的にもやっぱり普段とは違う特別感に嬉しさも倍増します。

ですが、それはサプライズが成功した場合の話。

彼女の欲しかったものとプレゼントしたものが一致しなかったら、場が凍り付く可能性があるので失敗は許されません。
まさにミッションインポッシブル。

必死で考えてくれたサプライズに素直に喜んでくれる女子もいれば、夢見がちな女子もいる。
完璧なクリスマスを描いている彼女にサプライズをするには少々レベルが高いミッションかもしれません^^;

彼女自身からはさりげなく、そして彼女の周りの友人からは入念なリサーチが必要になります。

彼女の好みにばっちり合って、なおかつセンスのいいものを。

誰だって失敗はできるだけ避けたいものです。
ですので、サプライズプレゼントするなら自信のある人のみ実践した方が無難だと思います。

私が学生時代、同じバイト先で働いていた主婦の方は

「旦那が彼氏時代にプレゼントされた腕時計が全っ然私の趣味じゃなくてさ。一度も使わないまましまってあるよ」

そんな話を聞いたことがあります。
別の友人は、

「あ、いらなかったから質屋に売ったわ(笑)」

とケロッと言ってました。
さすがにそれはひどい…と思いましたが、それが女の裏事情です(汗)

特別な日のサプライズに慣れていない人は王道なやり方かもしれませんが、花束やプリザーブドフラワーをプレゼントした方がまだ失敗度数は低くて済むでしょう。
それにメッセージカードを付けるだけでも彼女へのウケは違ってくると思いますよ。

スポンサーリンク

プレゼントを一緒に選ぶのが実は嫌だと思う人もいる?

お互いの誕生日当日は当然ですが、クリスマスも恋人たちにとって特別な日です。
言ってしまえば元々は日本の行事ではありませんし、近年は特に商業的な意味で踊らされている感は否めませんが…

それでも女性にとっては好きな人と一緒に過ごしたい大事な日だと思います。

そして自分の為だけに。
自分だけのことを思って。

そうやって選んでくれたプレゼントは何年経っても大事な宝物です。

前述のように女性の好みが全くわからない人もいますので、全く的外れなセレクトをしてしまうより一緒にプレゼントを買いに行った方がいい場合もあります。

でも、それが毎年の恒例になってしまうとさすがにNG。
彼女的にはちょっと寂しく思ってしまうかもしれません。

正直に尋ねてみるのももちろんいいと思います。
ただ、

「クリスマスプレゼント、何が欲しい?」

と直球で聞くより、

「アクセサリーとかバッグとか…色々調べたんだけど好みに合わなかったらダメだからさ。今こういうのが欲しいっていうのがあったら教えてくれない?」

…的な聞き方がベストですね。
喜んでもらいたい気持ちをさりげなく伝えるのがポイントです。

直球ストレートに聞かれると女性は丸投げ感をひどく感じてしまいます。
同じ質問でも聞き方次第で彼女の気持ちは下降してしまう可能性があるので、尋ね方には気を付けることです。

彼女の誕生日に自分から欲しいものをおねだりするのはアリでも、今やクリスマスは恋人たちのイベントといっても過言ではありません。

恋人が自分の為に考えてくれたことや悩んでくれた時間というものはプレゼントのオプションになります。
それは彼女の中でずっと消えずに、忘れられない素敵な思い出になるんです。

クリスマスのようなイベントごとが苦手な人もいるかもしれませんが、年に一度のことですし、街中のショップもクリスマス一色でしょうから、店員さんに相談したり助言をもらったりして彼女にぴったりなプレゼントを探してみてください。

頑張って自分で選んであげたプレゼントと気持ちはきっと相手に伝わるでしょうし、何より嬉しく思ってくれるはずですよ^^

もしこの先も長い付き合いを考えている相手であればなおさらです。
女性って結構昔のことまで覚えているものですから。

…なんてちょっと怖いこと言ってしまいましたが(笑)

直接店頭に行くのは気が引ける…という人は通販を利用するのもアリですしね。
その際は有料でもラッピングはゴージャスめにしてもらうのが吉です。

いいプレゼントを選んだとしても、ラッピングが貧相だったら結構テンション下がっちゃう生き物なんです、女って^^;

以上、クリスマスプレゼントは彼女と買いに行くべきか否か?についてのレポでした。

しっかり目を通して万全な予習を!
そして素敵なクリスマスにしてあげてくださいね。

まとめ

  • クリスマスプレゼントを一緒に買いにいくかどうかは彼女の性格をしっかり見極めて決めること
  • 彼女が欲しいものや好みの把握に自信のある人は自分で選んであげたものを贈るべし(センスのいいものなら尚良し)
  • 一緒に買いに行くのが恒例になっているカップルの場合、時には自分で選んだプチサプライズのプレゼントも用意してあげると更に喜んでくれるかも?
スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。