洗濯機の黒いカスがなくならない…カビが出続ける時にはこうすべし!

「洗濯したら黒い汚れが…」

洗濯物についた黒いカス、気になりますよね。

洗濯槽クリーナーで洗浄したのに
何回やってもなくならない…

洗濯機からカビが出続ける現状にお困りのあなた。
こちらで対処法を確認して洗濯機をすっきりキレイにしましょう。

スポンサーリンク
  

洗濯機から黒いカスがなくならない原因と対処法

「洗濯したら黒いカスが洗濯物について困る…」

なにやら黒い汚れがポツポツと洗濯した衣類に付着しているのを目にした経験ありませんか?

それは洗濯槽の裏側に発生した黒カビ。洗濯機は日頃の使い方次第で雑菌やカビを発生しやすい環境にしてしまうのです。
たとえば洗濯機の中に使ったタオルをそのまま入れてしまう等、洗濯槽を洗濯カゴ代わりにするような使い方をしていたらその時点でアウト。洗濯機の運転時以外は常に蓋を開けたまま、湿気をこもらせないように普段から気をつけておくことが大切です。

それでも洗濯物にワカメのような黒いカスが出るようになってしまったら、洗濯槽クリーナーでカビ取り洗浄を行いましょう。

まずは酸素系クリーナーを使うことをオススメします。塩素系の方が強力でカビを溶かす力に優れているものの、匂いも強い上に洗濯槽を傷めてしまうこともあります。酸素系クリーナーでカビを浮かせて取り除く方法から始めてみましょう。

酸素系洗濯槽クリーナーの使い方のコツは下記の通り。

  • 40~50℃のお湯を使う
  • つけ置きの時間を十分に取る(クリーナーの説明書きを厳守)
  • 洗濯機のコースまかせにしない
  • 浮いてきたカビをこまめにすくい取る

冷水ではなくお湯を使うことでカビが落ちやすくなります。お風呂の残り湯がある場合はうまく活用するといいですね。

そしてコースまかせにしていると、排水しきれなかったカビが洗濯槽の裏に出たり入ったりして完全に除去することができません。ですので、『洗い』コースが終わったら『脱水』になる前に一時停止ボタンを押して浮いてきたカビを金魚すくいのように網ですくい取ります。
一旦すくい終えたらもう一度運転して、再度一時停止ボタン。新たに浮かんできたカビをすくい取る…という流れをカビが出てこなくなるまで繰り返します。カビが浮かんでこなくなったらOK。『すすぎ』コースを完了させましょう。

洗濯槽の裏は見ることができないので判断しづらいですが、1回のクリーナー使用では洗濯槽洗浄が終わらないこともあります。洗濯物にまだ付着するようであれば再度洗濯槽洗浄が必要ということですが、まだカビが出てくるということはクリーナーが効いている証拠です。

黒いカスが出てこなくなるまで2、3回クリーナーを使って同じ手順を繰り返します。すすぎをよく行ってキレイに洗浄しましょう。

スポンサーリンク

洗濯機から黒カビが出続ける時にはこうすべし!

「何度やっても黒カビがなくならない…」

前述した手順のように、洗濯槽クリーナーを使ってもカビがなくならない場合には酸素系から塩素系のものへシフトしてみましょう。洗濯槽の裏に貼り付いたカビをはがす酸素系に対して、塩素系はより強力な力でカビを溶かします

塩素系のクリーナーを使う場合はお湯を使う必要はありませんが、成分の強さゆえにむやみにふれると手荒れの原因になりますので注意の上扱うよう心がけて下さい。

洗剤メーカーによっては洗濯槽クリーナーの漂白成分の濃度に差があるため、何度やっても掃除が終わらない…なんてこともあるかもしれません。
そんな時は最終手段として今使用している洗濯機メーカーが販売している洗濯槽クリーナーを試してみるのもアリだと思います。ドラッグストアやホームセンターで見かける市販のクリーナーよりも少々値は張りますが満足のいく効果が得られるかもしれませんよ。

洗濯槽の裏についてしまったカビを放っておくとクリーナーではがし落とすことも難しくなりますし、そんな状態で洗濯した衣類を着用することは健康面から見てもいいものではありません。
大事なのは日頃から洗濯機の中の通気性を良くして雑菌とカビの発生を予防に努めること。こまめな洗濯槽洗浄も忘れずに、いつも気持ちよく洗濯できるようにしたいものですね。

まとめ

  • 洗濯時に黒いカスが浮かび出したらまずは酸素系クリーナーで槽洗浄を
  • 洗濯機のコースまかせにせず剥がれ落ちた黒カビは残らず取り除いてからすすぎ運転する
  • しつこいカビ汚れには塩素系もしくは洗濯機メーカーのクリーナーがオススメ
スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。