新幹線の指定席から自由席へ移動OK?相席が嫌なら途中下車の裏技も

指定席で予約しておいた特急券。
当日指定していた座席に座ったものの

「隣の人がちょっと…」

なんて思うことがあるかもしれません。

そんな時、指定席から自由席へ移動しても大丈夫?
新幹線あるあるな疑問についてまとめてみました。

我慢して目的地まで座り続けた人も
今まさにそんな場面に直面している人も
今後のための豆知識としてチェックしておきましょう。

スポンサーリンク
  

新幹線の指定席から自由席へ移動するのはアリ?

「せっかく指定席とったけど…ここから移動したい…」

新幹線の指定席に座りながらそんな風に考えることもあると思います。一人で乗車している場合は何かと隣に座る人の行動が気になったりするものです。

隣の人のいびきがうるさかったり
無駄にそわそわする落ち着きのない人だったり
やたらこっちを見てきたり(女性に被害が多い)
貧乏ゆすりが激しかったり。

人によって理由は様々ですが、はたして席を移動してもいいものなのでしょうか。
喫煙車両しか指定席の予約がとれなくて、仕方なく選んだけれど当日になってやっぱり無理…という人もいるでしょう。

結論として、指定席から自由席への移動はOKです。
友人との旅行で指定席を並びで取ることはできなかったけれど、当日乗車してみたら自由席がガラガラだったので移動する…といったパターンも含みます。ただ、座れずに立ったままの人がいるような混雑している状況であれば控えておくべきですね。

移動の際は車掌さんにわざわざ確認する必要もありません。注意点として指定席から自由席に移動したからといって差額分が戻ってくるわけではないのでその点は覚えておきましょう。そこはあくまでも自己都合ですからね。

もし隣に座った人が明らかに迷惑行為をしているような人であれば、移動する前にまず車掌さんに相談してみましょう。自由席に移動しなくても何か別の提案をしてくれるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

新幹線の自由席の相席について

自由席は一言で言ってしまえば『早い者勝ち』の席です。よって座れたらラッキー。
でも一人で新幹線を利用する場合、知らない人と相席になる可能性は十分あります。

公共交通機関ですから知らない人との隣り合わせは当然といえば当然ですが、年齢問わず常識外れな人も残念ながらいます。そのことは理解しておくべき。せっかく席を移動しても、そんな人が隣になることも考えられるんですね。

特に女性1人で乗車する際は隣に男性が座ると身構えてしまう人も多いでしょう。そんな時のことも考慮してきっぷ代金は通常の指定席料金よりもかかってしまいますが、席を予約する時点でグリーン席の購入を検討してみるのもアリだと思います。自意識過剰だという意見もあるかもしれませんが、避けられる災難なら極力自分から遠ざかるのも賢い選択なのです。

しかし誰でもグリーン席に手が届くかというとそうではないですよね。
こういった場面を回避するのに使えるテクニックがありますので、その方法を続けてご説明していきましょう。

新幹線の指定席を途中下車して自由席へ乗り換える

「この席に座り続けるのはどうしても無理…」

そんな時、スケジュールの都合に問題なければ一度新幹線を途中下車して次の列車に乗りなおすという方法もあります。
というのは、指定席特急券を予約していたのに何かしらの理由で乗り遅れてしまった場合、当日中に限っては自由席扱いで後続の列車に乗ることができるんです。状況はちょっと違ってきますがそのままホームに残って同じ方面へ向かう後続の列車を待ちましょう。

途中下車するといってもここでは改札内の話です。改札を出てしまうのはNGなので十分気をつけて下さい。ただし、後続列車では自由席になるので座れないことも…。こればっかりは運次第ということになります^^;

元々指定席で予約していたなら、その席に座れるのはきっぷを持っている本人だけです。つまり他の人は座ることができません。
自由席に移る場合は一人で2席分を使ってしまうことになりますのであくまでも席に余裕がある時の対処法として覚えておくことです。

ちなみにこれらの手段は割引のきいたものや旅行代理店で購入したパックプランの乗車票は対象外になります。通常価格で購入したきっぷの場合の話になりますので思い違いに注意してくださいね。
もし、自分が持っているきっぷの種類がわからない場合はきちんと車掌さんに確認することをおすすめします。

まとめ

  • 新幹線の指定席から自由席への移動は可能、ただし席に余裕がある時に限る
  • 自己都合で移動するのできっぷの差額分が返金されることはない
  • 一度ホームへ降りて後続列車に乗る手段もあるものの自由席の席が空いているかは運次第

↓こちらもオススメ↓

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。