九州ネット早特7は変更不可?新幹線切符の買い直しから発券の手順

九州新幹線を使うならお得な九州ネット早特7。
でも安くで手に入る分、臨機応変に対応できないデメリットもあります。

もし、九州ネット早特7でチケットを用意していたのに
突然都合が悪くなり便を変更しないといけなくなったら…?

そんな時の予約キャンセルから新しいきっぷの手配まで
普段新幹線に乗り慣れていない人でもこちらを確認すれば大丈夫!

実際にそんな状況になってしまった私の体験を交えながら
わかりやすくまとめてみました。

九州新幹線をご利用される方の参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク
  

九州ネット早特7きっぷは変更できない?

JR九州Web会員なら新幹線チケットを安くで買える『九州ネット早特7』がお得です。
でも、安いからこそ色々と制約もあるわけでして。

「急に予約していた便の新幹線に乗れなくなった!」

なんてことも、もしかしたらありうるわけです。
じゃあ急いで変更手続きを!と考える人も多いと思うんですが、残念ながらこの九州ネット早特7で購入した新幹線のチケットは変更手続きができません。

悲しいことに私が身をもって体験しました(泣)
九州ネット早特3で予約していた場合、条件に合っていれば手数料無料で変更することもできますが、九州ネット早特7だときっぷを受け取る前でも後でも関係なく問答無用で変更不可です。

つまり、一度キャンセルの手続きをしてその後に買い直しということになります。とほほ。

↓キャンセル手続きについてはこちらの記事で確認できます↓

予定していた新幹線の出発時刻を過ぎてしまうと払い戻しもできなくなります。既に発券済の場合は急いで窓口へ。
手数料はかかってしまいますが全額無駄になってしまうよりマシです。当日にキャンセルしないといけなくなった場合は特に注意してください。都合が悪くなり予約便に乗車できないとわかった時点ですぐにキャンセルの手続きをするようにしましょう。

スポンサーリンク

新幹線切符の買い直し手順

では新幹線チケットの買い直しについてご説明していきます。
私の場合、

予定していた新幹線チケット(発券済み)を当日キャンセル、払い戻し

スマホからネット予約で『九州ネットきっぷ』を予約

乗車駅でチケットを発券

この手順で新しい新幹線チケットを用意しました。当日のことだったので正直焦りましたね…ただ平日だったからか当日でも予約が取れてよかったです^^;
土日や祝日だと空席が少ない場合もあるでしょうからね。

もし3日前までの買い直しで空きがあれば『九州ネット早特3』で購入できたかもしれません。『九州ネット早特7』は7日前まで予約可能ですけどよっぽどタイミングと運が良くない限り空きがないんじゃないかと思います。安い分人気なので発売開始の1ヶ月前からすぐに予約席が埋まり始めますので…。

スマホからささっと予約。座席指定もできます。>>JR九州 ネット限定きっぷ

私はJQカードも持っていませんしジパング会員でもありません。当日ですし必然的に『九州ネットきっぷ』でしたが、それでも通常料金よりはお得です。やっぱりネット予約ですね^^
『九州ネットきっぷ』の最大のメリットはきっぷ発券前で、なおかつ新幹線出発時刻前であればネットを使って何度でも予約の変更ができるということ。もしかしたらまた予定が変わるかもしれない…という場合は少し値段は上がりますが、早特よりも『九州ネットきっぷ』の方が無駄にキャンセルの手間や払い戻し手数料も必要ないので余計な出費がかさむこともないと思います。

年配の方だとどうしてもネットでの予約に躊躇してしまう人も少なからずいらっしゃると思いますが、うまく使いこなせばやっぱりお得なのでネット予約デビューしてみるのもいいかもしれませんよ。
クレジットカードを使うことに抵抗がある人はコンビニや駅の窓口でも支払い可能なので次の機会にチャレンジしてみては。

新幹線切符の発券について

キャンセルと払い戻しも済んで、ネットで予約も済ませて。後は駅の中の『みどりの窓口』できっぷを受け取るだけ!
新幹線出発の時刻が近づく中、みどりの窓口に飛び込んだものの結構な順番待ちの列の長さにびっくり。運悪く混み合う時間だったんでしょうね…^^;

どうしよう…と立ち止まってしまったところでふといいものを発見したのです。

新幹線チケット受取には発券機が便利

鹿児島中央駅のみどりの窓口横にはこんなものがありました。

指定席券売機。これでサクッとチケット受取できるのでは?
みどりの窓口はあんなに混んでるのに発券機の前には誰も並んでいない状況って…。

初めて使いましたが、びっくりするくらい簡単でした。
私はネット予約の際にクレジットカード決済を選んでいたので登録しているクレジットカードを持って発券機の前へ。

①最初の画面の『予約したきっぷのお受け取り』をタッチ。
②画面の案内に従ってクレジットカードを挿入、登録している携帯番号の下4桁を入力。
③領収書が必要な人は『領収書』をタッチしておくのを忘れずに。


(鹿児島中央-博多間の『九州ネットきっぷ』の金額です)

いやー、コレ便利です。この指定席券売機って大きい駅にしかないですよねきっと。小さい駅にこそ置くべきですよ。だって田舎のみどりの窓口だと駅員さんが新幹線チケットの発券に慣れていないから逆に時間かかりますもん(笑)
はじめてのことで実際のところは慌てていたんですが無事にきっぷの買い直しができました。

まずは落ち着いてキャンセル→払い戻しの手続き。
それが終わり次第、予約の取り直し→発券の流れで完璧です。

当日の予定変更ってやっぱり戸惑うことも多いと思いますが、慌てずにひとつひとつこなしていけば大丈夫。
少々雑な説明ではありますが、JR九州を利用する人たちの参考になりましたら嬉しい限りです。

まとめ

  • 九州ネット早特7きっぷは発券前と後、関係なく変更できない
  • キャンセル手続きが済んだら予約を取りなおし(ネット予約が安いのでオススメ)
  • みどりの窓口より新幹線券売機を利用した方が時間短縮でスムーズ

↓こちらもオススメ↓

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。