九州ネット早特7のキャンセルと払い戻しの流れを体験談で説明しよう

新幹線の予約は今やネットで済ませる時代。

JR九州のネット限定きっぷは
早い時期にネット予約することで
通常料金よりぐーんと安い価格で新幹線のきっぷが手に入ります。

そんなネット限定きっぷについて。
今回は『早特7』をキャンセルしなければならなくなった時に
払い戻しまでの流れをどうすればいいのか。

悲しいことに実際に体験する機会がありましたので
こちらでご説明していきます。

当日キャンセルでも慌てず落ち着いて、手順を踏んできましょう。

スポンサーリンク
  

九州ネット早特7 変更不可?キャンセルしかない?

「新幹線チケットのキャンセルってどうしたらいいの!?」

仕事や旅行のスケジュールが急に変更になったり、キャンセルせざるを得ない状況になってしまう突然のアクシデントは誰にでも起こり得ること。出費を抑えるためにお得なネット予約を利用する人も多いと思いますが、九州ネット早特7で購入したチケットは料金が安い分色々と制限もあります。

ではキャンセルの手順についてひとつずつ確認していきましょう。

九州ネット早特7きっぷは予約変更できない

「予定していた便に乗れなくなった…」

便の時刻を早めるなり遅くするなりの時間変更ができるといいんですが、九州ネット早特7で購入したチケットの場合、こういった変更手続きが一切できません。これはきっぷの受取前でも受取後でも関係ないんです。

残念ながら一度キャンセルの手続きをした後にもう一度予約し直し、という形になります。ただし発車時刻を過ぎてしまうとキャンセルもできず、手元のきっぷはただの紙切れと化してしまいます。
当日急遽キャンセルしなければならなくなった人は乗車する予定の駅でなくても構いませんので、新幹線が出てしまう前に急いで最寄りの駅の窓口で予約のキャンセルと払い戻しを願い出てください。

九州ネット早特7きっぷは乗り遅れたらアウト

九州ネット早特7は列車も座席もがっちり指定するというお約束の元に安い料金できっぷを購入することができるお得な限定プランです。

従って「違う便に乗ってもよくない?」というワガママはきかないんですね。決められた便の新幹線以外は全く利用できません。乗り遅れてしまって次の便に乗る際は改めて特急券を購入する必要があるので注意してください。

スポンサーリンク

九州ネット早特7 払い戻しはどうなるの?

きっぷをまだ発券していない状態で新幹線の発車時刻前ならスマホやPCから払い戻しの手続きが可能です。その際は購入したきっぷの価格から手数料550円を差し引かれた額が戻ってきます。

↓発券前なら払い戻しはこちらから↓
JR九州 予約の確認・変更・払いもどし方法

きっぷを発券後であればJR九州の駅(無人駅を除く)のみどりの窓口まで行く必要があります。

私の場合、既に手元にきっぷを持っていたのでこのパターンでした。

九州ネット早特7で購入した私のきっぷは博多-鹿児島間で7710円。当然キャンセル料がかかってしまいます。
払い戻し手数料として1310円が差し引かれて6400円の戻り。ああ、もったいない…(泣)

窓口で駅員さんが規定の料金を確認しながら手数料を計算してくれます。
急ぎの際は慣れない計算を自分でやろうとしても無駄に時間を食うだけなのでそれよりも先に駅に向かった方が賢明だと思います。

新幹線きっぷの払い戻しはどこでもいい?

前述したように払い戻しは乗車する予定の駅でなくても手続き可能です。
私は車で乗車予定の駅に向かっている途中に大事な忘れ物に気付き、泣く泣くキャンセルするはめに。電話で問い合わせ、現在地を伝えると手続きできる最寄りの駅を教えてくれました。

出張先や旅行先など、慣れない土地だとわからないことも多いと思いますのでネットで検索するより電話で尋ねた方が時間短縮になると思いますよ。

JR九州案内センター:05037861717(8:00~20:00)

新幹線きっぷの払い戻し クレジットカードの場合は?

きっぷ購入にあたって私はクレジットカードで支払いをしました。払い戻しの場合は決済に使用したクレジットカードきっぷを窓口に持っていくように電話で尋ねた際に案内されました。

もし手元に決済時に使ったクレジットカードがない場合はいったん窓口で払い戻し証明をしてもらって、後日改めてカードときっぷを窓口に持っていくといいようです。期限はきっぷを発行した翌日から一年間なので忘れないように気を付けましょう。

クレジットカードで支払った場合は一度元々のきっぷ購入額がカード会社から請求されますが、払い戻し手数料を差し引かれた額がマイナスの請求として明細に記載されるはずです。カード会社の締め日によって同じ請求月に計上されない場合もあるのでその場合は翌日の明細まで確認するようにしましょう。

ちなみに窓口で思ったことですが、駅員さんがおじさんの場合、若い駅員さんに何度も確認しているのを発券する時も払い戻しの時も目にしました。多分クレジットカードの扱いに慣れていないんでしょうね^^;
おじさんが対応してくれる場合は手続きに少し時間がかかると思った方がいいと思います。

また、クレジットカードで支払いをした場合の払い戻しはカード会社とのやりとりになるので現金で戻ってくることはありません。窓口での対応はあくまでも払い戻しの手続きであってその場で返金されることはないので覚えておきましょう。

↓九州新幹線チケットの買い直しはこちらで確認できます↓

まとめ

  • 九州ネット早特7で購入したきっぷは発券前後関係なく指定した新幹線の変更はできない
  • 払い戻しについては発券前か後かによって手続きと手数料が異なる
  • 予定していた新幹線発車時刻前までに必ずキャンセルと払い戻しの手続きをすること

↓こちらもオススメ↓

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。