ちらし寿司 翌日のお弁当にいれてもOK?腐る可能性もあるの?

お家で作りすぎたり余ってしまったちらし寿司。
翌日のお弁当に入れようと考える人は多いのではないでしょうか。

でも、ちょっと待って!

酢を使っているお寿司は腐りにくいとよく言われますが
季節や使っている具によっては傷んでしまうことも。

何も知らずに使っていると食中毒になる可能性が高くなります。

自分や家族のお弁当を安全に美味しく食べてもらうために
こちらでしっかり確認しておきましょう。

スポンサーリンク
  

ちらし寿司を翌日の弁当に入れるのはアリ?

晩御飯で食べきれなかったちらし寿司。

「明日のお弁当に入れればいっか」

なんて考える人もきっと多いでしょう。

お酢には殺菌効果があるので安心している人も多いかもしれませんが、油断していると思わぬ食中毒を引き起こす可能性も。
季節ごとの注意すべき点をひとつずつ確認していきましょう。

ちらし寿司のお弁当 冬編

気温の低い冬場のお弁当なら常温保存で問題ありません。

ただ、乾燥防止に酢飯を入れた容器に濡れふきんをかぶせておくことをお忘れなく。酢飯の表面が乾いてしまうとぱさぱさになってしまいます。
タッパーに入れておく場合はふきんをかけた上から蓋をかぶせておきましょう。

ふきんがない時にはラップでも代用できます。
ラップをする前に湿らせたキッチンペーパーを酢飯にのせて容器ごとラップをしておくといいですよ。
こうすることでラップの中でも程よい水分を保ってくれます。

ちらし寿司のお弁当 夏編

食欲が落ちやすい夏でもお弁当にちらし寿司が入っていたらさっぱりと食べられそうな気がしますよね。

ですが気温が高いとやっぱり菌の繁殖が気になります。前日から冷蔵庫に入れておき、冷やした状態でお弁当に詰めましょう。
私が学生の頃は母が100円ショップで買ってきた保冷バッグに小さな保冷剤とお弁当を一緒に詰めて持たせてくれたものです。

冷蔵庫に入れることで酢飯が固くなってしまいますが、それでもこの季節は安全な策を取るべき。
できれば野菜室にスペースを作って入れておくのがオススメです。野菜室だと冷えすぎることはないので酢飯の固さも幾分マシに感じると思いますよ^^;
タッパーに入れたりラップで包んだ状態の上からさらに新聞紙でくるんでおくとより冷えすぎ防止になりますのでお試しあれ。

スポンサーリンク

ちらし寿司の具でお弁当が腐る可能性

「酢飯にお酢が入っているんだから大丈夫でしょ!」

なんて何も気にせず前日のちらし寿司と同じものをお弁当に詰めると…自分でも気がつかないうちに食中毒の原因を作ってしまうかもしれませんよ?

お家で食べる味をそのまま再現したいと思う気持ちは分かりますが、お弁当として考えるなら保存状態のことも頭に入れた上で用意するべき。当たり前ですが、刺身などの生ものは絶対に入れないでくださいね。

錦糸卵は弁当には不向き?

ちらし寿司には必ずといっていいほど使われている錦糸卵。彩りもよくなるので欠かせないものですが…。
卵って実は傷みやすい食材なんです。夏場のお弁当に入れるのは控えておいた方が賢明です。

気温の低い冬場でもお弁当の中身が温度差を作らないように注意しましょう。
というのも、翌日の朝に錦糸卵を作ったとして冷まし方が十分でないと、冷たくしておいた酢飯とまだあたたかい錦糸卵が触れ合うことで温度差が生じてちらし寿司が傷む原因になります。

朝余裕がない時は前日のうちに作って冷やしておいたものを使うのもアリですよ。お弁当用の抗菌シートも合わせて使うとより安心かもしれませんね。

弁当に入れていいのは傷みにくい具のみ

ご家庭によってちらし寿司に使う具は様々かと思いますが、きゅうりをお弁当に詰めるのは季節を問わず、絶対にNGです。
生野菜は水分が多い食材です。酢飯に合わせるから…と油断してうかつに使ってしまうと食中毒を起こす可能性があります。

翌日のお弁当に入れるとわかっていてちらし寿司を作る時は、あらかじめきゅうりを抜いたものを弁当用としてよけて保存しておきましょう。すき間埋めに他の生野菜を使うのも控えてくださいね。

まとめ

  • 前日のちらし寿司をお弁当に入れるなら季節に合わせた準備を抜かりなく
  • 錦糸卵は十分に冷ます、もしくは前日に作ってしっかり冷やしておく
  • 水分を多く含む生野菜の具は食中毒の原因になることもあるので絶対に使わない
  • 保冷剤や抗菌シートを活用してより安全に食べられる対策をするとなお良し

↓こちらもオススメ↓

【おうちで作るお寿司のまとめページ】
知ってて損なし!お家で作るお寿司の豆知識をまるっと紹介!check!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。