赤ちゃんの日焼け止め 顔の洗い方で注意すべき点と保湿のススメ

赤ちゃんに日焼け止めを塗った日は
しっかり洗い落としてあげることが大事。

でも、どんな風に洗ってあげればいいの…?

デリケートな赤ちゃんのお肌をどう扱っていいか悩むところです。

顔に塗った日焼け止めの正しい落とし方とは?
赤ちゃんの肌に負担をかけない洗い方のポイントと
アフターケアについてまとめました。

日焼け止めを使用する時期のお肌ケアでお悩みのお母さんはぜひチェックを。

スポンサーリンク
  

赤ちゃんの日焼け止め 顔の洗い方について

赤ちゃんに日焼け止めを使った日はしっかり洗い落とすことが大切です。ベビー用の日焼け止めは大人用と違い、低刺激で石鹸でも落とせるものが多いですが顔を洗うとなるとちょっと身構えてしまいますよね。

ポイントを抑えていれば難しいことではありません。ひとつずつ確認しながら優しく洗い落としてあげましょう。

まず、赤ちゃんの肌に負担をかけないようにクッションのような濃密なクリーム状の泡を作ること。

決め細やかな泡はこする必要なく毛穴の汚れまでキレイにしてくれます。100円ショップにある洗顔用ネットを使えば簡単にホイップ状にできるので常備しておくと便利ですよ^^

できあがった泡を赤ちゃんのおでこ・鼻・ほっぺたにのせてなでるように広げます。
ごしごしこするのは厳禁!あくまでも優しく、が鉄則です。泡が赤ちゃんの目に入らないように十分注意してくださいね。

ぬるま湯でたっぷり含ませたガーゼで広げた泡をふき取っていきます。この時も軽く優しくなでるように。ガーゼの水分量が少ないとお肌をこすってしまいますので、ひたひたの状態にしたガーゼをすすぎ洗いしながら泡がきれいに落ちるまで何度も繰り返してください。

日焼け止めも石鹸の成分も肌に残さないことが肝心です。
肌への刺激にならないように

  • しっかりとした密度の高い泡
  • 泡を広げるのもふき取るのも軽く優しく

このふたつのポイントをしっかり頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止めを落とす時の注意

夏のおでかけやレジャーの紫外線対策としてウォータープルーフの日焼け止めを使う日もあると思います。赤ちゃんの肌を強力な紫外線から守ってくれる心強い味方ではある反面、汗や水に強い効果が長続きするからこそのデメリットもあります。

それは通常使っている日焼け止めよりも落ちにくいということ。肌にとどまる力が強いため、いつもの落とし方では日焼け止めの成分が肌に残ってしまうんですね。

ウォータープルーフの日焼け止めを塗った日はそのまま泡をのせるのではなく、まず専用のクレンジングシートを使って丁寧にふき取ること。
それからいつものようにしっかり泡立てたホイップ状の泡で顔の表面をくるくる。円を描きながらなでるように広げていきましょう。
後は同じように塗らしたガーゼで泡がなくなるまできれいにふき取ればOKです。

「まだ肌に残ってる気がする…」

と感じる時はこんにゃくスポンジで洗ってあげることをおすすめします。こんにゃくスポンジは100%こんにゃく芋から作られた安心の天然素材。赤ちゃんの肌を優しく洗うことができますよ。

普段使いのものもウォータープルーフのものも、帰宅後はすぐ落としてあげることが赤ちゃんの肌に負担をかけないポイントです。
そのまま塗りっぱなしにせず、洗い残しのないように丁寧に洗ってあげましょう。

赤ちゃんの日焼け止め 落とした後は保湿を忘れずに

顔や体を洗った後、何もしないままでいるとお肌が乾燥してしまいます。
赤ちゃんの肌質に合わせてベビーローションやミルクを塗ってうるおいケアをしてあげましょう。

元々乾燥しがちな赤ちゃんにはクリームも合わせて使うなど状態を見ながら使い分けるといいですね。

保湿効果の高い馬油も人気があります。天然成分でできていてお肌にも優しく赤ちゃんが舐めてしまっても安心ですし、塗ってあげた後の手に残った馬油をそのままなじませてお母さんのハンドケアもできちゃいます。

ただ、どの保湿グッズを使うにしても必ずパッチテストを行うこと。大人もそうであるように、どんなに良いものでも肌に合う合わないがあります。よかれと思って使ったものがたまたま肌に合わず、かぶれたり炎症を起こしてしまった…というのはよくある話ですので。

赤ちゃんに日焼け止めを使った日はきっちり落としてしっかり保護。元のクリアな肌に戻してあげることがすべすべお肌を守る秘訣です。
赤ちゃんの為に抜かりのないアフターケアを心がけてくださいね。

まとめ

  • 日焼け止めはホイップ状の泡とひたひたガーゼのダブル使いで優しくオフ
  • 落ちにくい日焼け止めでもけして擦らずクレンジングシートやこんにゃくスポンジを使って肌負担を減らす工夫を
  • きれいに洗った後は肌に合わせて保湿ケアを忘れずに

↓こちらもオススメ↓

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。