ホワイトデーのお返し 妻には特別なものを!みんなと一緒はNG!

結婚したからといって
奥さんへのホワイトデーのお返し、適当に済ませていませんか?

見えないところで奥さん悲しんでいるかもしれませんよ。

普段なかなか言えない「ありがとう」の気持ちも兼ねて
奥さんを喜ばせる素敵な一日にしてあげましょう。

女心をはかりかねている男性諸君の為に
女性視点で女性ならではのアドバイスをさせていただきます!

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返し 愛する妻に喜んでもらうには

結婚してからもバレンタインチョコをくれる奥さんに対して、何かホワイトデーのお返しを考えていますか?

ないがしろにせずにお返しはちゃんと用意しましょうね。

特別高いものではなくていいのです。
むしろ生活を共にしている奥さんに対して必要以上に高価なものを用意すると

「このお金は一体どこから…?」

と疑心暗鬼になってしまい、喜ばせるどころか逆効果になりうることも^^;

大事なのは気持ちなんです。

例えば最初は何も用意していなかったけれど

「あとから色々言われたら面倒だからとりあえず何か買っておくか」

こんな気持ちで直前に準備した適当な品なんてすぐバレます。
奥さんはそういうアンテナが高いこと、既にあなたは知っているでしょう?

まず、下記の点は心得として覚えておくことです。

  • 奥さんとの会話から最近はまっているもの等あれば聞き逃さないように
  • とりあえずアクセサリー、とかはもう古い(センスに自信のある人のみOK)
  • 通販のラッピングは簡易的であまりときめかないものが多いので注意
  • 直前に慌てて用意しない
  • できればプチでもサプライズを

特に普段からの会話に注意しておくことでプレゼントにつながるヒントが見つけやすいと思います。

それに話を覚えておくことで『ちゃんと気にかけてくれていた』ことに対してまず高評価を受けるでしょう。

ささいなことかもしれませんが、女性はこういった点にグッとくるものなんですよ。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返し 奥さんだけの特別感を伝えよう

誰しもが高価なアクセサリーや人気のスイーツを喜ぶわけではありません。

もちろん、奥さんが元々欲しがっていたものなら構いませんが、世にあふれている『喜ばれる人気ランキング!』といった情報に踊らされないことです。

プレゼント選びやサプライズといった類が苦手な人は

「ホワイトデーコーナーのお菓子を買うので精一杯!」

という人もいると思いますが、それに一言でもメッセージを添えたカードがついていたらやっぱり素直に嬉しいものです。

だって、義理チョコにいちいちそんなことしないでしょう?

そして、物にこだわる必要もありません。
最近は体験型のプレゼントをする人も増えています。

普段なかなか行けないエステの招待券等ももちろん嬉しいでしょうが、けして安くはないので気が引ける人もいると思います。(勧誘されて嫌な思いをして帰ることもあるかもしれませんし…)

そう考えるとふたりでお出かけして一緒に岩盤浴、というのもおすすめですね。
個室のあるところだったら予約を取っておいて(女性専用の施設が多いので)、お互い日頃のたまった疲れをリフレッシュするのもいいのではないでしょうか。

注意してもらいたいのが、美容系だったら何でも喜ぶだろうと勘違いしている人が結構多いこと。

下手に高級なスキンケア商品を買うのはやめておきましょう。
まず、肌に合う合わないの問題がありますし、敏感肌の人であれば成分に色々と気を付けている人もいますので。

また別案として、普段お手頃価格の美容室で済ませている人であれば、いつもよりワンランク上の美容室を予約してあげるのもアリだと思います。(ここは周りの人を頼ってリサーチしましょう)

そして終わる頃に迎えに行く。←ここでミニブーケとかもらえたら嬉しいかも!
この時、照れずにちゃんと褒めてあげてください。

あなたが言ってくれる「かわいいね」の一言が何よりも嬉しいはず^^

普段不器用な人ほど自分の為に頑張ってくれたその『特別感』に奥さんは幸せを感じるのだと思いますよ。
がんばって!

ホワイトデーのお返し みんなと一緒の物なんて言語道断!

職場で頂いた義理チョコのお返しとしてホワイトデーに何か用意しますよね。
自分で準備するにしても、奥さんに頼むとしてもそこはどっちでもいいんです。

問題はこういったその他大勢のお返し奥さんへのお返しを一緒にしていないか、ということ。

一緒に買いに行ってもらった場合、

「お前もなんか気に入ったのあったら一緒に買うよ」

とか。

奥さんに頼んだ場合、

「自分も好きなのついでに買っといていいよ」

とか。

こんなこと言っていませんか?
全くもって論外です!話になりません。

目の前で他の人と同じものを買うとかありえないです。
奥さん自身のお返しを奥さんで用意させるとかもっとありえないです。

こんな形でもらっても嬉しくもなんともありません。
むしろ、悲しいというか寂しいというか、それを通り越して空しい。

奥さんは『自分の為に考えて、自分の為に行動してくれた』ことに対して嬉しいと思うんです。

今までに心当たりのある人は今年からあらためてください。
奥さんは言わないだけで確実に傷ついていますよ。

「ついでに」とか「まとめて」といった行為は避けるように。
今年もお返しを考えているのならそれだけは忘れないであげてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

女は結婚してもいつまでたっても『女』として扱ってほしいものなんです。
それは旦那さんの存在が奥さんにとって『特別』だからこそ。

今、一緒にいるのはそういうことですよね。

他の人にはない、奥さんだけの『特別』をプレゼントしてあげてくださいね。
素敵なホワイトデーになりますように♪

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。