ケーキは一晩常温放置しても食べられる?半日経つと食中毒の危険性アリ?

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

イベントやお祝い事で用意されることの多いケーキ。
張り切ってたくさん用意して
余ってしまった…なんてことはよくある話ですよね。

ケーキは生菓子なので早く食べるに越したことはないのですが、
どうしても食べきれずに余ってしまったら。

「一晩くらいなら常温で放置してても大丈夫?」

「半日経っても食べられるもの?」

なんて不安に思う人も少なくないことでしょう。

そこで今回はケーキの常温保存について、
そして食中毒にならないための注意点に関連した情報をまとめました。
余ったケーキを目の前にお困りの方は要チェックです。

スポンサーリンク
  

ケーキは一晩常温放置しても食べられる?

「ケーキって常温保存でどのくらいもつの?」

なんて首をかしげている人は案外多いと思います。
クリスマスや誕生日に用意したケーキが余ってしまって残りの分をどうしよう…なんて状況、ありがちですよね。

捨てるのは正直もったいない。
でも冷蔵庫に入らない。

で、気になるのは

『一晩常温でおいていても大丈夫?』

という点なのですが。

結論から言うと、冬場のような気温の低い時期なら一晩そのまま放置しても大丈夫です。

これは私の体験談なのですが、友人たちとクリスマスパーティーでホールケーキを2つも用意して食べきれずに余らせてしまったことがあります。
生クリームを使ったデコレーションケーキとチーズケーキを1個ずつです。

「残った分は明日食べようよ!」

ということになったのですが、さすがに暖房の効いた部屋に置いておくのは傷むだろう…ということで、外のベランダに箱に入れたままのケーキを放置することに。
冬場の寒い時期だったので、室外はほとんど冷蔵庫と同じ気温でした。言うなれば天然の冷蔵庫ですね 笑

翌日また友人たち皆で集合して一晩放置してあったケーキを食べたのですが、見た目も味も問題なく美味しく食べることができましたよ。
ちなみにベランダは2階だったので、外に置いていても野犬や猫に荒らされる心配はありませんでした。

ベランダでなくとも、暖房の効いてない冷えた部屋や廊下に置いておけば一晩程度なら問題ないと思います。
心配であればケーキを保存する箱の中に保冷剤を入れておくか、クーラーボックスや発泡スチロールの箱を用意するといいですね。

ケーキは常温で半日おいても大丈夫?

では次に、

「ケーキは常温で半日おいても大丈夫なの?」

といった疑問についてですが。
これについては、

●季節による『常温』の違い
●ケーキの種類

このふたつがポイントになってきます。

ちなみに常温で一晩経ったケーキを食べても問題なかったというのは前述の通りですが、時間経過でいうと、

20:00にケーキを食べる

余ったケーキを一晩放置

翌日10:00に残りのケーキを食べる

といった流れでした。
一晩というよりも半日、12時間は経過していましたね。

ただ、一晩置いたケーキを食べても問題なかったのは冬の時期だったからこその話です。
夏場のような気温の高い時期に常温で放置するのはおすすめできません。

室温が高くなる夏場の常温は30℃近くなることはザラです。
そんな気温の中でケーキを放置してしまうと、ほんの1時間でもケーキは傷んで食べられなくなってしまいます。

また、ケーキの種類によっても常温保存できるできないの違いがあります。
例えば、

【傷みやすいケーキ】

・デコレーションケーキ
・生チョコケーキ
・レアチーズケーキ
・ミルフィーユ
・生フルーツを使ったケーキ

これらのケーキは生素材を使ったケーキになりますので、常温での保存は不向きです。
半日近くおいておくなら気温の低い状態、つまり冷蔵庫やクーラーボックスでの保存が望ましいでしょう。

反対に、

【日持ちしやすいケーキ】

・ガトーショコラ
・アップルパイ
・タルト(生フルーツを使っていない)
・パウンドケーキ
・シフォンケーキ

これらの焼いてあるケーキは常温でも日持ちしやすいので、半日程度置いておいても問題ありません。
生素材を使っているか使っていないかで扱いは変わってくると言えます。

つまり、生素材などを使っていない焼いてあるケーキなら常温で半日おいてもOK。
それ以外の生クリームや生フルーツを使ってあるケーキだと劣化してしまうため、出来る限り温度の低い部屋や冷蔵庫での保存をおすすめします。

スポンサーリンク

ケーキを常温保存すると食中毒の危険性が?

生素材を使ったケーキを長い間常温保存すると数時間で傷んでしまいます。特に気温の高い夏場は要注意です。
ケーキが傷んでいることに気付かずにそのまま食べてしまうと吐き気や下痢、下手をすると食中毒になる可能性もあります。

ケーキは生菓子なので早めに食べきってしまうのが一番ですが、どうしても食べきれずに余ってしまうこともありますよね。
そんな時には食べる前にまず入念に見た目をチェックしましょう。

【チェックポイント】

  • 酸味のある臭いがするか
  • 生クリームが黄色く変色していないか
  • 生クリーム部分が乾燥していないか
  • 生フルーツから水分が出ていないか
  • 緑のカビが生えていないか

見た目に問題がなくても、ひとくち食べて少し酸っぱかったり舌がピリピリするように感じたらアウトです。
もったいなくても即処分した方がいいですね。

余ったケーキは涼しい環境下で保存すること。
思わぬことで体調不良を起こしたりすることのないよう、状態に問題ないかしっかり確認して消費期限内に食べるようにしましょう。

まとめ

  • 夏場以外の涼しく感じられる気温ならケーキの一晩~半日程度の常温保存は可能
  • ケーキの種類によって常温保存に向いているもの向いていないものと分けられる
  • 生クリームや生フルーツを使ったケーキは傷みやすいので食べられる状態かどうかしっかり確認すること
スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。