アロマオイルの消費期限は?劣化に気を付けて

私たちが普段口にする食べ物や生活用品に消費期限があるように、
新鮮な植物から作られるアロマオイルにも当然消費期限があります。

アロマオイルが持つ効能を正しく安全に体に取り入れる意味でも
自分が普段使用しているオイルをきちんと管理しながら使うことは
とても大切なことです。

ここではうっかり消費期限を過ぎてしまったアロマオイルの活用法や注意点を
お伝えしていきます。

スポンサーリンク
  

アロマオイルの消費期限はいつまで?劣化に気をつけて使おう

アロマオイルの消費期限は開封した日から約一年といわれています。
早めに使い切ることができればいいのですが、数種類オイルを揃えている場合は特に使う頻度が遅くなり酸化が進んでしまいます。

特にグレープフルーツやレモン等の柑橘系オイルの他のものと比べて酸化が早く、消費期限は約半年といわれているので注意しましょう。

販売しているメーカーやアロマオイルの種類によって消費期限が異なる場合もありますので
生産された時期等チェックして購入するように心がけましょう。
また、開封した日にちををオイルの瓶に記入しておくと管理しやすいですね。

未開封のものに関しては約5年といわれています。
(こちらもメーカーやオイルの種類によって確認しましょう)
きちんとした自己管理のもとで正しく使いましょう。

消費期限を過ぎたオイルは使ってはいけない?気になる注意点

アロマテラピーが楽しくなってきた頃にやってしまいがちな失敗ですが
気に入った香りも増えて、つい色々オイルをそろえてしまった…

そして

「久しぶりに使おうと思ったら消費期限を過ぎてしまっていた!」

気をつけていたつもりでもこういったケースは少なくありません。

スポンサーリンク

消費期限を過ぎてしまったアロマオイルは酸化が進み、品質も劣化しています。
もったいないと思う気持ちはもちろんですが、体に悪い影響を及ぼすことも考えられるので
肌に塗って使用することはやめましょう。

消費期限を過ぎたオイルを無駄にしない!捨てずに使う活用法は?

残念ながら消費期限を過ぎたアロマオイルは肌に使用することはできません。

でもちょっと待って!
別の方法であれば期限を過ぎたオイルでも使用することは可能です。
多少劣化はしていても有効成分が含まれたオイルです。余すことなく使い切りましょう。

では、おすすめの活用法をご紹介していきます。

芳香浴に使用

「消費期限を過ぎてそんなに日がたっていない」
「香りにそこまでの変化がみられない」

このような状態のオイルであれば、普段どおり芳香浴に使用するのも良いでしょう。

ただし、もし気分が悪くなった場合はすぐに使用を中止して
部屋の換気をするようにしましょう。

芳香剤に使用

私もよく使う方法なのですが、玄関やトイレに芳香剤として使用します。
インテリアに合わせて好みの容器に重曹を入れ、アロマオイルをたらすだけ。簡単です。
ゼリーやプリンの空きカップを利用してもとってもエコ。
香りが弱くなったら余っているオイルを足しましょう。

ちなみに香りのしなくなった重曹はトイレや洗面台、お風呂の掃除に使っています。
台所のお掃除にも使えますよ。シンクがピカピカになります。
エコで無駄のない理想的な使い方ですね。

殺菌作用のあるオイルがあまってしまった時にはゴミ箱に直接たらすのも良いと思います。
嫌なニオイを抑え、虫除けの効果も期待できますよ^^

拭き掃除に使用

水を張ったバケツにあまってしまったオイルを数滴。
その水で雑巾を絞って、あとはいつものお掃除でOKです。

殺菌・除菌効果のあるオイルでお部屋もキレイさっぱり!
私はティートリーとユーカリのすっきりした香りが好きなのでこういった拭き掃除にはこのふたつのオイルを使用することが多いです。
敏感肌の人はゴム手袋を装着するようにしてください。

あまってしまったオイルでも大丈夫!
いい香りに包まれながら楽しくお掃除を楽しみましょう。

まとめ

  • アロマオイルの消費期限は開封時から約一年と覚えておく(柑橘系は約半年)
  • 未開封であれば約5年の消費期限
  • アロマオイルの購入時には消費期限をチェックする
      …メーカーやオイルの種類によって期限を把握しておく
  • 開封したら瓶に年月日記入しておく
      …期限切れしないようにするための自己管理
  • 期限を過ぎたアロマオイルは肌に使用しない
  • 期限を過ぎたアロマオイルも使い切る活用法がある
スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。