子供がマスクしてくれない?嫌がる理由をなくせばいいだけ!

マスクが嫌いな子供って多いですよね。

でも私の友人の子供は
大人しくマスク着用しててちょっとびっくり。

「なんでそんな大人しくマスクしてるの?」

理由を聞いたらあまりにも簡単で驚き!

嫌がる子供にマスクをさせるにはどうしたらいいのか
お困りのママのために対策をシェアしちゃいます!

スポンサードリンク
  

子供がマスクしてくれないから困る…

風邪やインフルエンザが蔓延する時期でもマスクなしでゲホゲホ咳をしている子供をよく見かけませんか?
病院だろうがお買い物中だろうが、ところかまわずゲホゲホされるのは子供相手でも「正直勘弁して欲しい」と思っているのは私だけではないはず。

咳が出てしまう時のエチケットとしてはもちろんですが、外でウイルスをもらってこないための予防としてもやっぱりマスクって必要だと思うんです。

でも、当の本人がマスクを嫌がる!つけてもすぐ外しちゃう!

これ、全国のお母さん共通のお悩みではないでしょうか^^;
常識あるママならどうにかしてつけさせなきゃ!って思いますよね。

そんなある日、友人に見せてもらった子供の写真を見て驚いたんです。ニコニコとご機嫌でマスク着用している子供の姿がそこに写っていたので、

「なんでマスク嫌がってないの!?」

と問いただしてみると

「家族でマスクつけてただけだよ」

となんとも『?』な答えが返ってきたのです。

家族でマスク…?一体どういうことなのか。子供に難なくマスクをつけさせたそのコツをご紹介しちゃいますね^^

家族でマスクをした意味とは

なぜ家族でマスクをする必要があったのか?これ、友人のナイスな心理的誘導テクニックでした。

友人の家族構成は旦那・嫁(友人)・子供2人の4人。
上の子は幼稚園に通うお兄ちゃん。下の子は3歳になる妹ちゃん。

お兄ちゃんはもう年長さんということもあって親の言うことを聞き分けてちゃんとマスクをしていたそうなんですが、やっぱり手こずったのは妹ちゃん。

「マスク嫌ーー!!!」

まぁ、当然の反応だと予想はしていたようで。

その上で友人がどうしたかというと、家でも外でも妹ちゃん以外の家族全員でマスク着用。
『毎日マスク週間』を設けた途端に素直にマスクをつけてくれるようになったのだとか。

どういうことかというと、

「あらー、ひとりだけマスクしてないのー」

「マスクできないの恥ずかしー」

みたいな状況を作り上げたってことです。そうなると、

「えっ、えっ、何それ!?」

「仲間外れになりたくない!」

って心理が子供ながらに働いて自分からマスクをするようになった…ということですね。

無理やりマスクをさせてもすぐに外してしまうのは目に見えているので自分から行動させるようにした、というのはすごく理にかなっていると思います。我が友ながらやりおるな…と感心させられました。

スポンサードリンク

子供がマスクを嫌がる理由をなくそう

「大人目線じゃなくて子供目線から見て考えたのがよかったのかもしれない」

と友人は言っていました。これってマスクに限らずなんでも共通することですよね。

嫌がる子供に対して無理強いさせたところで長続きしないのは目に見えています。そこを発想の転換で『マスクを好きにさせる』ことを考えたのは友人の戦略勝ち…といったところでしょうか(笑)

その後、自分からマスクをつけてくれるようになった妹ちゃんですが、

「ママ、このマスク可愛いでしょ!」

とキャラクターもののマスクを買い物かごにポイっと入れこむようになったのだとか。自主的にマスク着用してくれるようになった娘を嬉しく思いながらも

「ママは100均マスクだけどね…あはは…」

と何やら複雑な心境のようです(笑)
キャラクターデザインのマスクってちょっと高いですもんね…^^;
とはいえ、風邪やインフルエンザが流行する季節が来る前にマスク着用を習慣付けることはとても大切なことです。

健康維持アイテムとして欠かせないマスク。
今回の方法が子供全員に通じるかどうかは別として、子供が嫌がる理由をなくしてあげるという考え方はどの家庭にも活かせるものだと思います。

以上、参考になりましたら幸いです。

まとめ

  • 家族の中で「自分だけ仲間外れになるのは嫌」という心理をうまく利用するとうまくいくかも?
  • エチケットとしても病原菌をもらわない為の予防アイテムとしてもマスク着用は必須
  • 子供が喜んでつけてくれるような可愛いマスクをセレクトするのも有効な手段
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。