飛行機の欠航はいつわかる?払い戻しに手数料って必要なの?

旅行や出張で予約していた飛行機が
台風や大雪で飛ばないかもしれない…

悪天候が理由で飛行機が欠航になる場合、
それがいつわかるのか早く知りたいですよね。

払い戻しや手数料に関してこちらで詳しく確認できます。

対処法をしっかり頭に入れて
事前の備えを完璧にしておきましょう。

スポンサードリンク
  

飛行機の欠航はいつわかるの?

悪天候によって飛行機が欠航してしまうのはよくあることです。

しかし、それがいつわかるのか。
旅行や出張の予定が大幅に狂ってしまいますし、1日でも早く飛ぶか飛ばないのかを知りたいところですが…。

結論としては、前日になるまではっきりしないことがほとんど。航空会社の判断によりますが、欠航になるかどうか当日ぎりぎり、数時間前になるまでわからない場合もあります。

というのは、航空会社もできる限り飛行機を飛ばしたいという思いはあるものの、それよりも乗客を『安全に目的地へ送り届ける』ことの方が重要ですのでどうしても判断が遅くなってしまうのが大きな理由です。

各航空会社のコールセンターで運航状況を確認することができますが、同じような問い合わせをする人も多いため、電話はつながりにくいことがあります。悪天候の際は、ほとんどの航空会社が『重要なお知らせ』といった案内をホームページのトップに掲載していますのでこちらから確認することをおすすめします。

>>JAL公式HPはコチラ

>>ANA公式HPはコチラ

飛行機は台風でも飛ぶ?

台風が上陸・接近中でもパイロットや管制塔の判断で飛ぶこともあります。

風速や滑走路の状態にもよりますが、飛行機が飛び立ってしまえば台風があったとしても台風を避けて迂回するルートを選んだり台風の上を飛ぶことで問題なく運航できる場合もあるからなんですね。台風が通り過ぎるのを待ってから飛ぶ、というケースもあります。

もちろん安全第一での運航になりますので飛ばないこともしばしば。天気予報やニュースをチェックしつつ、航空会社ホームページの発着案内をこまめに確認しましょう。

飛行機は雪でも飛ぶ?

飛行機を運航するには視界が良好であることが第一です。
しかし雪の日にはふぶくことも多く、パイロットにとっては安全に運航することが困難になり、せっかく離陸しても目的地に着く前に引き返してしまうことも多くあります。

滑走路の状態次第で大きな事故を招いてしまうことにもなりかねないのです。離陸・着陸するどちらかの天候が悪ければ、その時点でアウトと考えた方がいいかもしれません。飛んだとしても目的地に着けない可能性があることも覚えておいた方がいいですね。

スポンサードリンク

飛行機が欠航したら払い戻しできる?

もし台風や雪などの悪天候で飛行機が欠航になってしまった場合は払い戻しが可能です。

空港のカウンターや各航空会社のコールセンターに電話をして手続きすることもできますが、混雑を避けたいのであればホームページから自分で手続きした方が時間短縮できてスムーズですね。

【払い戻しできる期間】
JAL…予約便から40日以内
ANA…予約便から30日以内

払い戻しではなく振り替え(空席があった場合に限る)も可能ですが、その時の状況で予約便と違う路線への変更を希望する場合は直接カウンターへ足を運ぶか電話で対応してもらうことになります。

【振り替えできる期間】
JAL…予約便から30日以内
ANA…予約便から10日以内

どちらも早めに手続きを済ませておくことです。

ちなみに悪天候による欠航の場合、通常は変更手続きができない割引航空券でも対応してもらえますので、払い戻しするか振り替えにするか、今後のスケジュールに都合がいい方を選ぶと良いでしょう。

当然ですが、別会社の便への振り替えは対応対象外になります。運良く別会社の便に空きを見つけた場合は、予約していた便の払い戻し手続きを済ませて別会社の新しい航空券を自分で購入する流れになりますのでご注意を。

飛行機欠航時の払い戻しは手数料が必要?

「払い戻ししてもらう時はキャンセル料が発生するの…?」

と不安になる人も多いのではないでしょうか。
でも大丈夫。手数料なしでちゃんと返金されますのでご安心くださいね。

自己都合で払い戻す場合と違って、悪天候や自然災害のような場合には取り消し手数料も払い戻し手数料も請求されることはありません。振り替えする場合の変更手数料ももちろん不要です。

ただ、旅行会社から航空券を購入した時は対応が異なる場合もありますので、購入した旅行会社の店舗に電話するか、直接窓口を訪ねて払い戻しや振り替えを申し出るようにしましょう。

以上、参考になりましたら幸いです。

まとめ

  • 飛行機が欠航するかどうかは航空会社の安全確認によって直前までわからないこともある
  • 悪天候による欠航の場合は払戻も振替も基本的に航空券の種類に関係なく対応可
  • 悪天候が理由の払戻や振替による手数料はかからない

※本記事は2018年9月時点の情報です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。